【iPhone・iPad】Safariのポップアップブロックをオフにする方法

スポンサーリンク

この記事ではiPhone・iPadのSafariに搭載されているポップアップをブロックする機能をオフにする方法を紹介します。

余計な広告のポップアップ広告が減るSafariの「ポップアップのブロック機能なのですが、稀に表示して欲しいポップアップまでブロックしてしまうことがあります。

そんなときは手動でブロックをオフすることで問題を回避することができます。

便利なはずのポップアップブロックが邪魔になることがある

「ポップアップ」はウェブページを開いたときやリンクを開いたときに自動的に新しいウィンドウでWebページを表示させることを言います。

多くのポップアップは「広告」が表示されます。悪質な広告は1つのページを開くといくつもポップアップウィンドウが開くことも。

スポンサーリンク

そう言った余計なポップアップを開かないようにする「ポップアップブロック」機能がSafariに搭載されています。

この機能によって余計なポップアップが開かないのは便利なのですが、オンラインで買い物をする時の決済画面などでポップアップが使用されていて開けないことが時々あります。

そんな時は今回紹介するポップアップブロックをオフにして、一時的にポップアップを開けるようにしてあげましょう。

Safariのポップアップブロックをオフにする方法

それではSafariのポップアップブロックをオフにする方法を紹介します。

Safariのポップアップブロックをオフにする方法 iPhone iPad
スクリーンショット:iPhone SE 第2世代 iOS 14.7.1
  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールしてSafariをタップ
  3. ポップアップブロックオフ

以上でポップアップのブロックがオフになりました。

必要に応じてオンオフを切り替えて使いましょう。

スポンサーリンク

関連記事