何が変わった?iOS 14.8・iPadOS 14.8がリリース

スポンサーリンク

本日2021年9月14日、AppleはiOS 14.8とiPadOS 14.8をリリースしました。

この記事ではiOS 14.8とiPadOS 14.8で何が変わったのか紹介します。

はじめての「.8」のバージョンがリリースされた

実はこれまでの長いiOSの歴史のなかで今回リリースされたiOS 14.8のような「.8」のバージョンはリリースされたことがありませんでした。

初代のiOSは名称がiPhone OSで2007年にリリースされました。つまり14年で初の「.8」というわけです。

細かいバージョンは抜きにして、これまでの歴代のiOSの最後のバージョンを振り返ってみました。ちなみに細かいバージョンは抜きにしています。

スポンサーリンク

  • iPhone OS 1.1
  • iPhone OS 2.2
  • iPhone OS 3.2
  • iOS 4.3
  • iOS 5.1
  • iOS 6.1
  • iOS 7.1
  • iOS 8.4
  • iOS 9.3
  • iOS 10.3
  • iOS 11.4
  • iOS 12.5
  • iOS 13.7
  • iOS 14.8 ←今ココ

iOS 14はiOS 14.8まで出ているので、アップデートの数が多いように思えますが、iOS 14は15回アップデートが行われているのに対して、1つ前のiOS 13は18回、もう一つ前のiOS 12は細かいセキュリティーアップデートも含めると26個のバージョンがあります。

つまりアップデートのナンバリング方式が13から変わったため、「.8」というバージョンがあるだけなんですね。

特にiOS 14・iPadOS 14はiOS 15・iPadOS 15がリリースされたあともアップデートが行われることが約束されているので、iOS 14.9・iPadOS 14.9がリリースされる可能性もゼロではありません。

iOS 14.8・iPadOS 14.8で何が変わった?

余談が長くなってしまいました。ではiOS 14.8・iPadOS 14.8で何が変わったのか?というと、機能的には何も変わっていません。

リリースノートによると「セキュリティアップデート」が行われたとのことです。

このアップデートには重要なセキュリティアップデートが含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください。

https://support.apple.com/kb/HT201222

セキュリティアップデートについては「About the security content of iOS 14.8 and iPadOS 14.8 – Apple Support」に英語ではありますが、記載がありました。

スポンサーリンク

iOS 14.0・iPadOS 14.0以上を使っている方はアップデートしておいて問題なさそうです。

ソフトウェア・アップデートに関する記事

関連記事