Apple Watchで特定のアプリの通知をオフにする方法

スポンサー・リンク

初期設定のままだとApple WatchはiPhoneの通知をすべて知らせてくれます。

でも、すべての通知をApple Watchで受け取る必要ありますか?
ゲームの「◯◯が回復しました」とかニュースアプリの最新情報とか、「このアプリはApple Watchで知らせてくれなくて良い」というものが多いはずです。

そこでこの記事では特定のアプリをApple Watchに通知させない方法、つまりApple Watchの通知を管理する方法を紹介します。

Apple Watchで特定のアプリの通知をオフにする方法

それではさっそくApple Watchで特定のアプリの通知を来なくする方法です。

Apple純正「以外」の通知を管理する方法

まず始めにApple純正「以外」の通知を管理する方法を紹介します。

Apple Watch。Apple純正以外のアプリの通知を管理する方法

  1. Watchアプリを開く
  2. 通知をタップ
  3. 画面を下にスクロールし、通知が来なくていいアプリをすべてオフ

非常に簡単ですね。

Apple純正のアプリの通知をオフにする方法

では、続いてApple純正のアプリの通知を管理する方法を紹介します。

Apple純正のアプリは「通知をオフにする」だけでなく、アプリごとに「振動だけオフ」など選択肢があります。

Apple Watch。Apple純正のアプリの通知を管理する方法 1/2

  1. Watchアプリを開く
  2. 通知をタップ
  3. ページ上部のApple純正アプリをタップ
    ここではメッセージをタップします
    Apple Watch。Apple純正のアプリの通知を管理する方法 2/2
  4. カスタムをタップ
  5. 通知の設定を変える

メッセージの場合、通知を許可通知センターに送信通知オフや、通知の方法をサウンドだけ、触覚だけ、または両方にすることができます。

ちなみにカレンダーの場合はもうすぐ行われるイベント出席以来などの通知をそれぞれのオンオフを変更することができます。

通知をオフにしているアプリの基準

個人的な判断基準ですが、僕が通知をオフにするアプリの基準をここで紹介します。

僕は基本的にまず「すべてオフ」を基準に考えて、

  • メールアプリ
  • メッセージアプリ
  • リマインダーアプリ

など「通知が来て、即、または早い段階でアクションを取りたい通知」を知らせてくれるアプリだけをオンにしています。

そうしないとゲームアプリが「◯◯が回復しました」とか、ショッピングアプリが「◯◯が入荷しました」とか、読書アプリが「この本を読んでみては?」といった余計な通知までApple Watchに来てうるさいからです。

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
★4.5 31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告