Apple Watchで不要なアプリの通知をオフにする方法

Apple Watchは初期設定のままだと、iPhoneの通知をすべて知らせてくれます。

でも、全部通知が来るとけっこう煩かったりします。
ゲームの「◯◯が回復しました」とかニュースアプリの最新情報とか、「このアプリはApple Watchで知らせてくれなくて良い」というものが多いはずです。

そこでこの記事ではこういったApple Watchの不要な通知をオフにする方法、つまりApple Watchの通知を管理する方法を紹介します。

Apple Watchで不要な通知をオフにする方法

スポンサーリンク

それではさっそくApple Watchで不要なアプリの通知を来なくする方法を紹介します。

Apple純正「以外」のアプリの通知を管理する方法

まず始めにApple純正「以外」のアプリの通知を管理する方法を紹介します。

ちなみにApple純正のアプリ」というのはAppleが作ったアプリ、例えば「電話」とか「メール」などが挙げられます。なので、「Apple純正以外のアプリ」はApple以外が作ったアプリという意味です。

Apple Watch。Apple純正以外のアプリの通知を管理する方法
  1. Watchアプリを開く
  2. 通知をタップ
  3. 画面を下にスクロールし、通知が来なくていいアプリをすべてオフ

非常に簡単ですね。

Apple純正のアプリの通知をオフにする方法

では、続いてApple純正のアプリの通知を管理する方法を紹介します。

Apple純正のアプリは「通知をオフにする」だけでなく、アプリごとに「振動だけオフ」など細かい設置が可能です。

ここでは「メッセージ」アプリの設定を変えてみましょう。

Apple Watch。Apple純正のアプリの通知を管理する方法 1/2
  1. Watchアプリを開く
  2. 通知をタップ
  3. 通知の設定を変えたいApple純正アプリをタップ
    ここではメッセージをタップします
Apple Watch。Apple純正のアプリの通知を管理する方法 2/2
  1. カスタムをタップ
  2. 通知の設定を変える

通知の設定はアプリによって違います。

例えばメッセージの場合、

  • 通知を許可
  • 通知センターに送信
  • 通知オフ
  • 通知方法:サウンドか触感、両方

から選ぶことができます。一方カレンダーの場合は

  • もうすぐ行われるイベント
  • 出席依頼

などの通知をオンオフすることが可能です。

通知をオフにしているアプリの基準

スポンサーリンク

個人的な判断基準ですが、僕が通知をオフにするアプリの基準をここで紹介します。

僕は基本的にメールやメッセージ、リマインダー以外は全てオフにしています。

そうしないとゲームアプリが「◯◯が回復しました」とか、ショッピングアプリが「◯◯が入荷しました」とか、読書アプリが「この本を読んでみては?」といった余計な通知までApple Watchに来てうるさいからです。

Apple Watchの基礎知識や使い方、ユーザーがよく遭遇するトラブルに関する記事をまとめました。

関連記事