iPhone・iPadの「タップしてスリープ解除」をオフにする方法

ホームボタンがあるiPhoneやiPadはホームボタンを押すことで画面が真っ暗な状態(スリープ状態)を解除することができました。

ところがiPhone 11、iPhone XSやiPhone XR、iPad Proの2018年モデルはホームボタンがないため画面をタップすることでスリープを解除することができます。

この「タップしてスリープを解除」は便利な機能のような、人によっては「あまり好きではない」という声もあります。

そこでこの記事では「タップしてスリープを解除」をオフにする方法を紹介します。

「タップしてスリープを解除」はどんなときに不便?

スポンサーリンク

iPhone 11やiPhone XS、iPhone XR、iPhone X、iPad Pro 2018年モデルに搭載されている機能「タップしてスクリーンを解除」がどんな時に不便なのか、まずそんなところから見ていきます。

よくあるのは映画館の中や、暗い室内でiPhoneの画面に触れてしまったことで意図せずスリープが解除され、画面が明るくなってしまうことです。

以前から意識的にボタンを押すことで画面が点灯していたものが、「意図せず点灯する」ことを快く思わない人もいます。

「タップしてスリープ解除」をオフにする方法

スポンサーリンク

iPhoneやiPad Proの画面をタップしても、画面が点灯しない(付かない)ようにするには以下の手順で行います。

iOS 13・iPadOS 13か、それ以降の場合

タップしてスリープ解除をオフにする方法 iOS 13 iPadOS 13

  1. 設定をタップ
  2. 下にスクロールし、アクセシビリティをタップ
  3. タッチをタップ
  4. タッチしてスリープ解除オフ

iOS 12.4か、それ以前の場合

iPhone iPad スクリーンをタップしてスリープを解除をオフにする方法

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. アクセシビリティをタップ
  4. タップしてスリープ解除オフ

設定はたったこれだけです。

タップしてスリープ解除をオフにして感じたこと

試しに「タップしてスリープ解除」をオフにしてしばらく使ってみましたが、意外と悪くありません。

スリープを解除するには「サイドボタン」をクリックすることで解除することができるのですが、以前より「意図せずiPhoneが点灯した」ことは激減しました。

その一方で左手でiPhoneを持っていて、右手が塞がっているときはサイドボタンを押すのが大変なのでスリープを解除するのはもちろん、スリープを解除しにくい=ロックを解除しにくいということなので、不便だと感じました。

設定自体非常に簡単にできるので、どちらが使いやすいのか試してみることをお勧めします。

関連記事