Fitbitの睡眠時間を編集・削除する方法

Fitbitの睡眠時間を編集・削除する方法

iPhoneやiPadでバッテリーの残量をパーセント(%)で表示させる方法
古いiPhoneでは使えないiOS 12の4つの新機能
ある意味怖い!iPhone XのFace IDで照射される赤外線ドットが衝撃的すぎる

スポンサーリンク

昨日、Fitbit Alta HRを購入して、さっそく使い始めました。

Fitbit Alta HRには睡眠状態を記録し、解析してくれる機能があります。

以前、何かのレビューでFitbitの睡眠状態を記録する機能は「自動」で行ってくれるのは楽でいいけど、実際の睡眠時間と多少ズレることがあるという記載をみました。そして使ってみたところ、さっそく初日からズレていました。

そこで今回はiOSのFitbitアプリを使って、睡眠時間を編集する方法を紹介します。

Fitbitの睡眠時間を編集する方法

Fitbitの睡眠時間を編集するとき、Fitbitの本体では睡眠時間を編集することはできません。編集はスマホやタブレットのアプリを使って行う必要があります。

僕はiPhoneを使ってFitbitの活動を記録しているので、ここではiPhoneのアプリを使った編集方法を紹介します。

スポンサーリンク

まずはFitbitのアプリにあるダッシュボードから睡眠を表示させます。
朝起きてすぐに記事を書いているので歩数が「38歩」と恐ろしい少なさ…。

編集したい睡眠が表示されたら、右上にある・・・をタップします。すると睡眠を編集睡眠記録を削除が表示されるので、どちらか必要に応じてタップしましょう。

睡眠時間を編集する時は、時刻を編集する画面が出てきますので、希望する就寝時間や起床時間を入力しましょう。

気をつけないと行けないのは睡眠記録を削除です。一般的にこういう「削除」は消すときに「本当に消しますがよろしいですか?」と聞いてきたり、消した後でiPhoneを降るとアンドゥーできたりします。

ところがFitbitのアプリは、何も聞いてこずアンドゥーもできません!

スポンサーリンク

睡眠時間の記録を編集しようとして間違えて押したら、その時点でデータはサヨナラです気をつけましょう。

スポンサーリンク

COMMENTS