iPhone・iPadで「縦に撮った動画」のトリミングや繋ぎ合わせをする方法

スポンサー・リンク

先日、困ったことがありました。
その困ったことというのは、iPhoneで縦に撮った動画を切り取ったり(トリミングしたり)、他の動画と繋ぎ合わせようとしたところ、iMovieなど動画編集アプリだと上下が切れてしまうんです。

そこでいろいろ調べてみたところ意外と簡単にできたので、同じことで困った方のためにやり方をシェアします。

縦に撮った動画を普通に編集しようとするとこうなる

スポンサーリンク

縦に撮った動画をiPhoneやiPadのiMovieで編集しようとするとこうなってしまいます。

上下が切れて、左右に黒、または白い背景が付いてしまうので、せっかく縦長に撮った動画が台無しです。

そんなとき縦長動画をiMovieで演習すると便利です。やり方も至って簡単なので覚えておきましょう。

縦向きの動画を切り取ったり繋いだりする方法

スポンサーリンク

では、上下が切れずに左右に余白を作らずに動画の不要な部分を切ったり、他の縦向きの動画を繋げるにはどのようにしたらいいのでしょうか。

まずは動画を90度回転させて編集する

ここではiPhone・iPadユーザーなら無料で使えるApple製の動画編集アプリiMovieを使って行う方法を紹介します。

縦向きの動画をiMovieで編集する方法

  1. 動画を読み込む
  2. 動画を2本指で90度回転させる
  3. 不要な部分を切り抜いたり、他の動画を繋げたりする
  4. 編集が終わったら左上の完了をタップ
  5. 書き出したい動画を選び、画面下にあるをタップ
  6. ビデオを保存を探しタップする

これで90度回転してしまった編集済みの動画が保存されます。

ちなみに気を付けておきたいのは、文字や様々なエフェクトは回転することができないので、基本的に縦の動画を横にして編集する場合、不要部分を削除するトリミングと、縦同士の映像を繋げるだけです。

横向きになった動画を縦に直す

このままでは90度回転した動画なので、縦向きに戻しましょう。

縦向きに戻すためには別途アプリを用意する必要があります。Googleフォトを使っている方はGoogleフォトで回転ができるので、Googleフォトを使うと手軽で簡単です。

  1. 回転させたい動画をGoogleフォトで開く
  2. 画面下、真ん中のアイコンをタップ
  3. 回転をタップすると90度まわるので、何回かタップして正しい角度に回す
  4. 画面右上のコピーを保存をタップ

これで動画が保存されます。非常に簡単ですね。

もしGoogleフォトをお持ちでない場合は、回転ビデオという無料のアプリがありますので、そういったアプリを使ってみても良いかもしれません。

回転ビデオというアプリの使い方は下記の記事で紹介していますので、興味がある方はそちらの記事もご覧ください。

縦と横を間違えて撮った動画を直す方法(iPhone・iPad)

関連記事