Osmo Actionの設定「手ぶれ補正 RockSteady」をオン・オフする方法

スポンサー・リンク

この記事ではDJIから発売されたアクション・ウェアラブルカメラの「Osmo Action」の「歪み補正」をオン・オフする方法を紹介します。

Osmo Actionで手ぶれ補正 RockSteadyをオン・オフする方法

スポンサーリンク

Osmo Actionの操作画面には「手ぶれ補正」という言葉が出てきません。その代わりOsmo Actionの手ぶれ補正はRockSteadyと呼ばれています。

そのため利用者の中には「手ぶれ補正」のオン・オフをどのように行えば良いかわからない方がいます。

以下がRockSteadyをメニューからオン・オフする方法です。

【Osmo Action】手ぶれ補正(RockSteady)のオンオフをする方法

  1. 動画撮影モードにする
  2. 画面を下から上にスワイプ
  3. 画面右上のRockSteadyをタップ

RockSteadyの文字が白の場合、手ぶれ補正はオフです。RockSteadyの文字が青い場合は手ぶれ補正がオンになっています。

また手ぶれ補正(RockSteady)がオンになっていると、動画の撮影画面の右上、バッテリーの残量の横にRSと表示されます。

手ぶれ補正をオンにすると撮れる範囲(画角)が狭くなる

スポンサーリンク

Osmo Actionの手ぶれ補正(RockSteady)は非常に強力で走って撮影しても、ほとんど手ぶれがないほどです。

ただ知っておきたいのは手ぶれ補正(RockSteady)をオンにすると画角が20%ほど狭くなります。

別の記事で「手ぶれ補正オン・オフ」だけでなく「歪み補正をオンオフにした状態で、どのくらい画角が狭くなるのか紹介しています。

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
★4.5 31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告