[Osmo Action 2週間レビュー]iPhoneユーザーの視点から見た良い点・悪い点

DJIから発売された初のアクションカメラ「Osmo Action」を購入して、約2週間が経ったので使ってみた感想をまとめてみました。

iPhoneなどスマホユーザーにとってOsmo Actionってどう?

スポンサーリンク

最初に断っておくと、僕はGoProなどのアクションカメラや、Sony RX0のようなカメラを使ったことがありません。

Osmo Actionのレビューを見ると「GoProと徹底比較」「Sony RX0と比べて」といった記事を多く見かけます。

ところが今までアクションカメラを使ったことがない人にとって、他のアクションカメラやVlogを撮影するのに適したカメラと比較されても、正直参考になりません。

この記事では日常写真をiPhoneなどスマホで撮影する人にとって、Osmo Actionは買いなのか、どんな違いがあるのか?という視点でまとめています。

手ぶれ補正がハンパない

スポンサーリンク

Osmo Actionには非常に優れた手ぶれ補正機能「RockSteady ロックステディー」が搭載されています。

歩いて撮影しても、走っても、自転車に乗っても、バイクに乗っても手ぶれをすることはほとんどありません。

iPhone XとOsmo Actionで撮影しながら、小走りに走ったときの様子を動画にしましたので、その差を見てもらえたら幸いです。動画は20秒ほどです。

ジンバルを使わずに走りながらこれだけの映像を撮ることができるのは、Osmo Actionの強みではないでしょうか。

またTwitterには以下のような動画も投稿されていました。滑らかです。

圧倒的に画角が広くなる

iPhoneと比べてOsmo Actionは圧倒的に画角が広くなります。

Osmo Actionは「手ぶれ補正オン・オフ」「歪み補正オン・オフ」で画角が変わりますが圧倒的にiPhoneで撮れる画角より広くなります。

Osmo Actionの画角とiPhoneの画角を比較

この違い、一目瞭然ですね。今まで取れなかった動画や写真を撮ることができるのは大きな魅力です。

タイムラプスを細かく設定できる

iPhoneのタイムラプスは手軽に撮影できますが、何も設定することができません。

ところがOsmo Actionは細かく設定をすることができます。

設定できる時間は以下の通りです。

  • 解像度 … 1080P、2.7K、4K
  • 間隔 … 0.5秒、1秒、2秒、3秒、4秒、5秒、8秒、9秒、10秒、13秒、15秒、20秒、30秒
  • 長さ … 無限(自分でオフにする)、5分、10分、20分、30分、1時間、2時間、3時間、5時間
created by Rinker
DJI
¥37,000 (2019/11/21 06:55:38時点 Amazon調べ-詳細)

スローモーションも速度などを設定できる

タイムラプス同様、スローモーションもiPhoneでは細かい設定をすることができません。

その点、Osmo Actionは設定を変更することができます。

  • 解像度 … 1080P、720P
  • 速度 … 8倍、4倍

自撮りがしやすい

我が家がOsmo Actionを買った理由の1つは子どもを連れて出かけたときに自撮りをしたいからです。

子どもが遊んでいるところを撮るとき、自撮りをするのにカメラの横に液晶が付いていて自分が映っている姿を確認できるというのは非常に大きなメリットです。これはGoPro Hero 7にはありません。

created by Rinker
DJI
¥37,000 (2019/11/21 06:55:38時点 Amazon調べ-詳細)

とは言ってもGoPro Hero 7との違いも気になる

iPhoneと比べてどうなの?という比較を書いて来ましたが、読者の中には「やっぱりGoPro Hero 7 Blackとの違いも気になる」という方いると思います。

そこで僕が店頭で触ったり、いろいろ情報を得た情報をまとめてみました。

Osmo Actionの優れているところ

  • 操作性
    Osmo Actionのほうがメニューがわかりやすいです。GoProは慣れが必要かもしれません。
  • 液晶の反応がいい
    GoProの液晶はお世辞にも評価は良くありません。それと比べるとOsmo Actionのほうが液晶の反応が良い
  • QSボタンがある
    Osmo Actionの本体側面には「QSボタン」と呼ばれる撮影モードの切り替えボタンがあります。これによって動画や写真、タイムラプスを素早く切り替えることができます。
  • 操作の機敏性
    Osmo Actionのほうが起動から撮影までの時間が短いなど、使っている上での操作の機敏性が上です。
  • 手ぶれ補正
    Osmo Actionの手ぶれ補正はものすごいです。ジンバルは要りません。
  • 自撮りしやすい
    カメラの横にスクリーンがあるため、自撮りでも自分がどう写っているか確認できます。

GoPro Hero 7 Blackの優れているところ

  • 画角
    Osmo Actionも十分に画角は広いのですが、GoProのほうが広いです。

どっちが優れていると言えないこと

  • 色味
    GoProは色鮮やかで、Osmo Actionのほうが淡い色調です。これは完全に「好みによる」レベルです。

2019年買って良かったものに間違いなく入る買い物

アレコレと書いて来ましたが、Osmo Actionを買ってどうだった?と聞かれたら大満足です!2019年の買って良かったものランキングに間違いなく入ります。

iPhoneで動画を撮ってきた身としては、まったく異次元の世界です。もう「比較」にすらなりません。

とはいえiPhoneで動画を撮らなくなるか?というとそんなことはありません。画角の広さが違うので、iPhoneでなければ撮れない映像もあり、Osmo Actionを買って良かったと思えることも多いです。

2台を上手に使い分けしていくのがベストなようです。

GoProではなくOsmo Actionにした理由

GoProを買うことも迷ったのですが、結局Osmo Actionにした理由は以下の通りです。

画角に関してはGoProのほうが良いのは事実なのですが、「広すぎる」という見方もあります。画角が広すぎるということは被写体(動画の主役)が小さくなるということです。

また使う上で「操作性が悪くてイライラする」「液晶が思うように反応してくれない」というのはかなりストレスになります。Osmo Actionはその辺がGoProより優れているのは大きなポイントでした。

色味は僕自身、GoProは鮮やかで魅力的な反面、ちょっとやり過ぎだと思うことが多かったので、Osmo Actionの色味の方が好みでした。

ということで、iPhoneユーザーから見たOsmo Actionのレビューでした。参考になれば幸いです。

created by Rinker
DJI
¥37,000 (2019/11/21 06:55:38時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事