iOS版の「1Password」でSimejiやATOKが使えない時の対処方法

iOS版の「1Password」でSimejiやATOKが使えない時の対処方法

iPhone/iPadでBluetoothキーボードから日本語・英語入力を切り替える方法
SimejiやATOK、他の言語のキーボードを削除・非表示にする方法
iPhone/iPadのキーボードにあるマイクボタン(音声入力)を消す・非表示にする方法

スポンサーリンク

今回はiOS版のパスワード管理アプリ「1Password」でSimejiやATOKなどの入力システムが使えないときの対処方法を紹介します。

1Passwordで日本語入力ができない?

先日、こんな経験をしました。
iOS版の1Passwordが7.1にアップデートされ、セキュアノートでMarkdownを使ったリッチテキストの表示ができるようになりました。

そこでさっそく試してみようと思ったところ、セキュアノートで日本語の入力ができませんでした。

あとでわかったのは、iOS標準の入力システムは使えるけど、ATOKやSimejiといったApple以外が作った入力システムが使えなくなっていたんです。

そこでいろいろ調べてみると、それはバグではなく1Passwordの仕様だったんです。

スポンサーリンク

SimejiやATOKを1Passwordで使えるようにする方法

では、1PasswordでSimejiやATOKを使えるようにするにはどうすればいいのか?というと、1Password内の設定を変えれば普通に使えるようになります。

  1. 1Passwordを開く
  2. 画面右下の設定をタップ
  3. 詳細設定をタップ
  4. カスタムキーボードを許可をオンに

たったこれだけでSimejiやATOKなどのiOS純正以外の入力システム(キーボード)を使えるようになります。

なぜSimejiやATOKが使えなくなっていたのか

詳細設定画面のなかにあるカスタムキーボードを許可の下に以下のような説明があります。

サードパーティー性キーボードはあなたが入力するデータ全てにアクセスできるため、デフォルトで無効にされています。

と記載されていました。

つまりもし悪意のある企業がユーザーが入力したデータをすべて吸い上げて、悪用しようと思っていたできてしまうというわけです。

本当に悪意があれば、オンラインで入力したクレジットカード情報や誕生日、銀行口座、暗証番号など筒抜けになってしまうということです。

スポンサーリンク

ちなみにSimejiは過去にユーザーのデータを外部に流していたと噂になり炎上したことがあります。今現在は「外部に転送していない」ということになっていますけど、その辺は一般人にはわからないことですよね。

なので、そういったことを防ぐために1Passwordは初期設定の状態だと、Apple純正の入力システム以外は使えないようにしているわけです。

つまり、自己責任でオフにしてください。ということですね。

スポンサーリンク

COMMENTS