【iPhone・iPad】アプリの「位置情報」の設定が見つからないときの対処方法

スポンサーリンク

この記事ではiPhoneやiPadのアプリの位置情報が設定の中にない・見つけられないときの対処方法を紹介します。

ごく稀にアプリをインストールしたあと「位置情報の設定ができない」という現象に遭遇します。

僕はちょうどこの記事を書く直前にGoogleマップの位置情報の設定ができなくなり、今回紹介する対象方法を試して解決することができました。

Googleマップの 位置情報の設定がなくなった

先日、とある事情でGoogleマップを削除、そして再びインストールしなければいけなくなりました。そして再インストール後にGoogleマップを起動したところ、位置情報を取得できなくなっていました。

普段ならGoogleマップを開くと現在地が表示されますが、そのときはなぜか現在地は東京ではないのに東京の広域地図が表示されました。もちろん「現在地からの経路検索」もできません。

スポンサーリンク

Google Mapsの設定をチェックする

そこで不審に思い「設定」のなかの「Google Maps」をチェックすると本来あるべき「位置情報」という項目がありませんでした。

  1. 設定を開く
  2. 下にスクロールしてGoogle Mapsをタップ

また「プライバシー」の中にある「位置情報サービス」もチェックしました。

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールしてプライバシーをタップ
  3. 位置情報サービスをタップ

本来であれば「位置情報サービス」のなかにGoogle Mapsがあるはずなのですがありませんでした。

位置情報が見つからないときの対処方法

では、位置情報の対処方法として何をすれば良いのか?というと、答えは簡単です。

スポンサーリンク

「アプリの再インストール」です。

とても初歩的であり確実な解決方法です。一度アプリを削除して、もう一度インストールし直すと位置情報の設定を行えるようになります。

アプリを削除する前に

今回僕はGoogleマップで位置情報の設定ができなくなったので、純粋に「削除→再インストール」で問題を解決することが出来ました。

Googleマップはアプリを削除・再インストールしてもGoogleアカウントでログインすることで過去の検索履歴などが復元されます。

アプリによってはアプリを削除すると設定やデータが消えてしまうこともあるので、アプリを削除する前に設定をメモしたり、消えては困るデータがある場合はそのデータを別で保存するなどしておきましょう。

関連記事