【iPhone・iPad】Mac・PCなどパソコンで認識されないときの7つの直し方

iPhoneやiPadをPCやMacなどのパソコンに繋いだら認識されない。そんな経験ありませんか?

充電はできるのに写真を取り込めなかったり、パソコンにバックアップや復元ができなかったり、さらにiOS・iPadOSのアップデートができなかったりすることがあります。

この記事ではそんなときに試してみたい7つの対処方法を紹介します。

iPhone/iPadが認識されないときに試したい7つのこと

スポンサーリンク

iPhoneやiPadがPCやMacなどパソコンで認識されないときは以下の7つを試してみましょう。

01:(Macのみ)Finderの設定を見直してみる

Macに限った話なのですが、FinderのサイドバーにiPhoneやiPadが表示されない時、Finderの設定を見直すと表示されることがあります。

  1. Finderを表示
  2. 画面右上、メニューからFinderをクリック
  3. 環境設定をクリック
  4. CD、DVD、およびiOSデバイスをクリック

02:iPhone・iPadを再起動する

まずはiPhone/iPadが調子悪いかもしれないので、再起動してみましょう。

電源の切り方は機種によって若干異なりますので、やり方がわからない方は以下のリンクを参照ください。

再起動はほんの数分で終わるので、一番最初に気軽に試したいことですね。

03:PCやMacを再起動してみる

iPhoneやiPadを認識しない原因はPCやMac側かもしれません。なので、再起動をしてみましょう。

PCやMacの再起動をしている間にiPhone・iPadの再起動と同時に試してみてもいいですね。

04:充電ケーブルを別のものにしてみる

「意外なところ」かもしれませんが、iPhone・iPadが認識されない時「Lightningケーブル」や「USB-Cケーブル」を別のケーブルに取り替えると解消されることがあります。

充電のケーブルは消耗品です。1年2年すると中で断線している可能性があります。断線の仕方によっては普段、充電できてもデータ転送だけ行えないなんてこともあります。

他にもAmazonや100均で販売されている激安の充電ケーブルの中にはAppleの認定を受けていないケーブルもあり、ある時まではちゃんと使えてもiOSやiPadOSのアップデート後に使えなくなってしまうことも。

そんな時は「確実な方法」としてアップルの純正ケーブルも試してみましょう。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥2,111 (2021/04/12 11:59:00時点 Amazon調べ-詳細)

特に僕の経験上「USB C-Lightningケーブル」は充電ができてもiPhone・iPadをパソコン側が認識しないことが多いです。

その場合は、USB C-Lightningケーブルを使うのではなく、通常のUSB(USB タイプA)とLightningのケーブルに変換アダプタをつけて接続すると問題なく認識されるケースがありました。

05:ケーブルを別のUSBポートに挿してみる

もしかしたらUSBポートが壊れているかもしれません。別のUSBポートにLightningケーブルやUSB-Cケーブルを挿してみましょう。

06:iPhone・iPadに何か通知が出てませんか?

iPhone・iPadをパソコンに繋いだとき、iPhone・iPad側に「このコンピューターを信頼しますか?」という警告メッセージが出ることがあります。

このとき「信頼」を押さない限り、iPhoneやiPadは充電はされても認識されません。

07:iTunesやmacOSは最新版ですか?

iTunesやMacのOS(macOS)が古いとiPhoneやiPadを認識しないことがあります。そんなときはiTunesやmacOSを更新してみましょう。

ちなみにMacの場合、macOS CatalinaからiTunesが廃止され、FindeでiPhoneのバックアップや復元を行うことになりました。

そのためMacの場合は、macOSのアップデートが必要になるかもしれません。

それでもダメなら

スポンサーリンク

それでもダメなときはお近くのApple Storeか、正規の修理受付店に状況を説明してみましょう。

関連記事