【iPhone・iPad】「アップデートをインストールできません」と表示されたときに試したい3つの対処方法

スポンサーリンク

この記事ではiPhoneやiPadのソフトウェア・アップデートを始めたら、エラーが出て、それ以上進まないときに試したい3つの対処方法を紹介します。

iOSやiPadOSのソフトウェア・アップデートしていると

アップデートをインストールできません
iOS 14のインストール中にエラーが起きました。

というメッセージとともにアップデートができないことがあります。そんなときはどうしたら良いのでしょうか。

iOS・iPadをアップデートできないときに試したい3つの対処方法

iOS・iPadOSのアップデートをしていると以下のようなメッセージが出て、アップデートができないことがあります。

上のスクリーンショットは僕が実際にiOS 12へアップデートするときに出たエラーメッセージです。

スポンサーリンク

エラーメッセージが出たあと、何度再試行をクリックしても同じでエラーが出るだけです。そんな時は以下の対処方法を試してみてください。

その1:再起動してみる

まず初めは、手軽にそしてすぐにできる「再起動」から試してみましょう。
iPhoneやiPadに限らず、パソコンなど多くの製品は「再起動」を行うと、問題が解決されることが多いです。

再起動のやり方は機種によって異なりますので、やり方がわからない方はこちらをご覧ください。

その2:アップデートファイルを削除し、アップデータを再ダウンロードする

ソフトウェア・アップデートのダウンロード中に何か問題が発生すると、アップデートファイルが壊れてしまうことがあります。

例えば以下の環境でアップデートをダウンロードしているとエラーが発生しやすいです。

スポンサーリンク

  • モバイル環境、特に移動中にダウンロードしている
  • Wi-Fiの接続状態がよくない(電波が弱いなど)時
  • アップデートが出たばかりでサーバーが混雑している時

このような状態ではダウンロードに失敗することが多いので、そんな時は電波状態の良いWi-Fiでアップデートを試みましょう。

再度ダウンロードするときはアップデートファイルを消す必要がありますので、以下の方法でiOS・iPadOSのアップデートファイルを削除しましょう。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. iPhoneストレージ、またはiPadストレージをタップ
  4. 下にスクロールするとアプリと同じ並びにiOSがあるはずなので、それをタップ
  5. アップデートを削除をタップ

その3:PCやMac経由でアップデートする

iPhoneやiPad本体からアップデートを行えないときは、パソコンからiOSやiPadOSのアップデートを行うことができます。

Finderでダウンロードする場合

MacのFinderでiOSやiPadOSのアップデートを行うためには下記の手順で行います。

  1. iPhoneやiPadをMacに繋げる
  2. Finderを開く
  3. サイドバー場所にあるお使いのiPhoneやiPadをクリック
  4. アップデートを確認、またはアップデートをクリック

スポンサーリンク

iTunesでダウンロードする場合

  1. iPhone・iPadをPCやMacに接続
  2. iTunesを起動
  3. iPhone・iPadの管理画面を表示
  4. 概要をタップ
  5. バックアップを取っていない場合は今すぐバックアップをタップ(設定によりますが自動で始まることが多いです)
  6. アップデートをタップ

ソフトウェア・アップデートに関する記事

関連記事