【iOS】”アップデートをインストールできません”と表示されたときに試したい3つの対処方法

【iOS】”アップデートをインストールできません”と表示されたときに試したい3つの対処方法

Apple WatchのwatchOSをアップデートする方法
iPhoneのキャリア設定アップデートって何?オフにする方法はある?
iPhone/iPadのアプリを前のバージョンに戻す(ダウングレードする)方法はある?

スポンサーリンク

この記事ではiPhoneやiPadのOS「iOS」をアップデートしようとしたところ、エラーが出てアップデートできないときに試したい◯つの対処方法を紹介します。

iOSのアップデートしていると

アップデートをインストールできません
iOS 12のインストール中にエラーが起きました。

というメッセージとともにアップデートができないことがあります。そんなときはどうしたら良いのでしょうか。

iOSをアップデートできないときに試したい◯つの対処方法

iOSのアップデートをしていると以下のようなメッセージが出て、アップデートができないことがあります。

スポンサーリンク

エラーメッセージが出たあと、何度も再試行をタップするもののエラーメッセージは常に同じで、どうにもならなくなったときは以下の対処方法を試してみてください。

その1:再起動してみる

まず始めに手軽に、そしてすぐにできることは再起動です。
iPhoneやiPadに限らず、パソコンなど多くの製品は「再起動」を行うと、問題が解決されることが多いです。

再起動のやり方は機種によって異なりますので、やり方がわからない方はこちらをご覧ください。

その2:アップデートファイルを削除し、iOSを再ダウンロードする

アップデートファイルのダウンロードを、モバイル通信で行っていたり、Wi-Fiの接続環境があまり良くないところでiOSのダウンロードを行うと、アップデートファイルが壊れてしまうことがあります。

そんなときはもしアップデートのダウンロードをモバイル通信で行った場合は、改めてWi-Fiで行いましょう。またそのときはWi-Fiの電波が強いところで行うことをお勧めします。

再度ダウンロードするときはアップデートファイルを消す必要がありますので、以下の方法でiOSのアップデートファイルを削除しましょう。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. iPhoneストレージ、またはiPadストレージをタップ
  4. 下にスクロールするとアプリと同じ並びにiOSがあるはずなので、それをタップ
  5. アップデートを削除をタップ

その3:iTunes経由でアップデートする

iPhoneやiPad本体からアップデートを行えないときは、パソコンのなかあるiTunesからiOSのアップデートを行うことができます。

スポンサーリンク

  1. iPhone・iPadをPCやMacに接続
  2. iTunesを起動
  3. iPhone・iPadの管理画面を表示
  4. 概要をタップ
  5. バックアップを取っていない場合は今すぐバックアップをタップ(設定によりますが自動で始まることが多いです)
  6. アップデートをタップ

アップデートには時間に余裕を持って

iTunes経由でアップデートを行う場合、まずiPhone・iPadのバックアップを取る作業から始まり、iTunesのバージョンが古い場合は先に最新版のiTunesをダウンロードする必要があったり、アップデートファイルをダウンロードするのに時間がかかることがあります。

そのためiPhone・iPad単体で行うアップデートよりも時間がかかるかもしれません。
※普段からこまめにバックアップを取っていたり、iTunesが最新になっていればそんなに時間はかからないかもしれません。

時間に余裕を持ってアップデートを行いましょう。

スポンサーリンク

COMMENTS