ユニバーサルクリップボードが使えなくなる理由と対処方法

iPhoneやiPad、Macのあいだでクリップボードを共有できる「ユニバーサルクリップボード」という機能を使ったことありますか?

Macで文章を書いて、iPhoneの写真をコピーして、そのままMacでペースト(貼り付け)できたり、Macで書いた文章をコピーして、iPhoneのLINEで送るなど何かと便利です。

でも、実際にやってみようとしたら、なぜかうまくいかないことがよくあります。今回は僕が思いつく限りの「ユニバーサルクリップボード」が使えないときの対処方法を紹介します。

ユニバーサルクリップボードが使える機種

スポンサーリンク

まずはじめに確認しておきたいのは、ユニバーサルクリップボードに対応したMacやiPhone、iPadを使っているかどうかです。

ユニバーサルクリップボードが使える機種は以下の通りです。

iPhoneやiPadの場合、iOS 10以降を搭載した

  • iPhone 5 以降
  • iPad Pro
  • iPad (第4世代)以降
  • iPad Air 以降
  • iPad mini 2 以降
  • iPad Touch (第6世代)以降)

これらの機種が対応しています。

そしてMacはmacOS Sierra以降(macOS High Sierra、macOS Mojave)を搭載している

  • MacBook (Early 2015 以降)
  • MacBook Pro (2012 以降)
  • MacBook Air (2012 以降)
  • Mac mini (2012 以降)
  • iMac (2012 以降)
  • Mac Pro (Late 2013)

これらの機種です。

ここで紹介されている以前のiPhoneやiPad、Macを使っている場合はユニバーサルクリップボードを使うことができません。

ユニバーサルクリップボードが機能してるかチェックする方法

スポンサーリンク

その1:iPhone/iPadで写真をコピーしてみる

ユニバーサルクリップボードが動いているかどうかチェックする方法の1つがiPhoneやiPadで写真をコピーしてみるというものです。

テキストデータのような小さなデータではわからないのですが、ユニバーサルクリップボードが動作しているときにiPhoneやiPadで写真をコピーすると、Macの画面中心に「ペースト中」という画面が表示されます。

この画面が出たらiPhoneやiPadからMacにデータは来ているということです。逆に表示されないということは、ユニバーサルクリップボードが動作していないということです。

その2:Macのメニューバーに注目

※追記:macOS 10.15 Catalinaでは表示されなくなりました。

「iPhoneからMac」や「MacからiPad」のあいだでやり取りをするときは、Macの画面上部にあるBluetoothアイコンに注目してみましょう。

ユニバーサルクリップボードが使えるときは、Macの画面の上部にあるBluetoothのアイコンが変化します。

例えばMacやiPhoneで何かをコピーすると「通信状態」となり、Bluetoothのメニューアイコンが変わります。

%e8%b2%bc%e3%82%8a%e4%bb%98%e3%81%91%e3%81%9f%e7%94%bb%e5%83%8f_2016_10_11_0_24

上が通信時。そして下が通常時です。通信時はBluetoothのアイコンが上に3つの点が付きます。

ところがユニバーサルクリップボードが上手く動かないときは、このアイコンが「通常時」のままになっていることが多いです。

MacのメニューにBluetoothのアイコンがないときは

もしMacの画面上部にBluetoothのアイコンが出ていないときは下記の方法でアイコンを表示させることができます。

  1. 画面左上のAppleマークをクリック
  2. システム環境設定をクリック
  3. Bluetoothをクリック
  4. メニューバーにBluetoothを表示にチェックを入れる

ユニバーサルクリップボードが使えないときの対処方法

ユニバーサルクリップボードが動かないときは、まず以下のことをチェックしてみましょう。

iPhone・iPadとMacは同じApple IDですか?

ユニバーサルクリップボードを使うには、それぞれの端末が同じApple IDを使っている必要があります。各端末のApple IDを確認しましょう。

MacのApple IDを確認する方法

  1. 画面左上のアップルマークをクリック
  2. システム環境設定をクリック
  3. iCloudをクリック

画面左、アイコンの下に書かれているメールアドレスがApple IDです。

iPhone・iPadのApple IDを確認する方法

  1. 設定を開く
  2. 画面上のアイコンをタップ

自分の名前の下に書いてあるメールアドレスがApple IDです。

Wi-Fiはオンになっていますか?

お使いのMacとiPhoneやiPadのWi-Fiがオンになっているか確認しましょう。

この時、それぞれの端末が同じWi-Fiに繋がっている必要はありません。

MacのWi-Fiがオンか確認する方法

MacのWi-Fiがオンかどうか確認するには、画面上部のメニューバーにあるWi-Fiのアイコンから確認することができます。

iPhone・iPadのWi-Fiがオンか確認する方法

iPhone・iPadのWi-Fiがオンかどうか確認する方法は2通りあります。

  • コントロールセンターのWi-Fiアイコンを見る
    Wi-Fiのアイコンが青くなっていたらオンです。
  • 設定Wi-Fiの順番でタップしてオンかどうか確認する

いずれかの方法を使ってWi-Fiがオンになっているかどうか確認してみましょう。

Bluetoothはオンになっていますか?

次に確認したいのは、iPhone・iPad、MacのBluetoothがオンになっているかどうかです。

MacのBluetoothがオンか確認する方法

MacのBluetoothがオンかどうかはWi-Fiがオンかどうか確認する方法とほぼ同じです。

Macの画面上部にあるメニューバーからBluetoothのアイコンを探し、オンになっているかどうか確認しましょう。

iPhone・iPadのBluetoothがオンか確認する方法

iPhone・iPadでBluetoothがオンになっているかどうかも、Wi-Fiがオンになっているかどうか確認するのとほぼ同じやり方で行います。

  • コントロールセンターのBluetoothアイコンを見る
    Bluetoothのアイコンが青くなっていたらオンです。
  • 設定Bluetoothの順番でタップして、オンかどうか確認する

Handoffはオンになっていますか?

Wi-FiとBluetoothがオンになっているかどうかを確認したら、次はHandoffという機能がオンになっているかどうか確認しましょう。

MacでHandoffがオンになっているか確認する方法

MacでHandoffがオンか確認するには

  1. 画面左上のアップルマークをクリック
  2. システム環境設定をクリック
  3. 一般をクリック
  4. ウィンドウ下のほうにあるこのMacとiCloudデバイス間でHandoffを許可にチェックを付ける

iPhone・iPadでHandoffがオンになっているか確認する方法

続いてiPhoneやiPadでHandoffがオンになっているかどうか確認します。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. Handoffをタップ
  4. Handoffオン

両方再起動してみよう

上記の設定を確認しても使えないときはMacやiPhone・iPadの再起動をしてみましょう。

僕がうまくユニバーサルクリップボードを使えなかったときはMacの再起動を行ったら元通り使えました。そしてBluetoothのアイコンも無事に動いていました。

ユニバーサルクリップボードが上手く動かない!という方は上記のチェックリストを試して、ダメだったら再起動してみましょう。

関連記事