iPhone/iPadのアプリを終了させる方法

この記事ではiPhoneやiPadのアプリの調子が悪いときに、アプリを終了させる方法を紹介します。

知っておくと何かと便利なので、やり方を頭の片隅に入れておきましょう。

アプリを閉じても終了していません

スポンサーリンク

iPhoneやiPadはパソコンのような「終了する」というメニューがありません。

またアプリを閉じて、別のアプリを開いてもそれまで使っていたアプリは終了していません。スタンバイの状態になっています。

そのためアプリに不具合問題が発生したときなど、アプリを閉じただけでは問題が解決されることはありません。

そんなときはアプリを手動で終了させる必要があります。

iPhoneやiPadのアプリを終了させる方法

スポンサーリンク

ホームボタンのあるiPhoneやiPadの場合

まずはiPhone 8以前のホームボタンがあるiPhoneや、iPadでアプリを強制終了させる方法です。

iPhoneとiPadでは画面のサイズや縦横比が違うため、若干出てくる画面が違いますがやることは基本的に同じです。

  1. ロックを解除した状態でホームボタンを素早く2回クリック
  2. アプリの一覧が出たら、終了したいアプリを上にスワイプ

これでアプリは強制的に終了されます。

ホームボタンがあるiPhoneやiPadというのは、iPhoneの場合はiPhone 8を含むそれ以前のiPhoneのことを指します。iPadは2018年に発売されたiPad Pro以外すべてホームボタンが搭載されているため、どの機種でも同じ操作で大丈夫です。

ホームボタンがないiPhoneやiPadの場合

ホームボタンがないiPhone 11やiPhone XS、iPhone XR、さらに2018年に発売されたiPad Proで、アプリを終了させるには以下の手順で行います

  1. ロック解除後、アプリの画面で下のバーを上にスワイプ
  2. アプリの一覧が表示されます
  3. 終了させたいアプリを上にスワイプ

ただしiPhone XでiOS 11の場合は

ただしiOS 11のiPhone Xのみ、アプリの終了方法が若干異なります。

  1. アプリを開いた状態で、画面下の黒(または白)のバーを上にスワイプ
  2. アプリの一覧が出たら、アプリを長押し
  3. アプリに赤丸にーが表示されたら、消したいアプリを上にスワイプ

 

関連記事

4 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。