【iPhone・iPad】Bluetooth端末をデバイスタイプごとに分類する方法

スポンサーリンク

この記事ではiOS 14.4とiPadOS 14.4の新しい機能として搭載されたBluetoothをデバイスごとに分類する方法を紹介します。

AppleのリリースノートによるとiOS 14.4とiPadOS 14.4には以下のような機能が追加されています。

設定でBluetoothデバイスの種類を分類するオプションにより、音声通知の送信先のヘッドフォンを正しく識別

この「Bluetoothでバースの種類を分類するオプション」を手動で設定する方法を今回の記事では説明しています。

Bluetoothデバイスの種類を分類する方法

iOS 14.4、もしくはiPadOS 14.4かそれ以降がインストールされたiPhoneやiPadではBluetoothのイヤホンやスピーカーにラベルのようなものをつけて分類することができます。

やり方は以下の通りです。
ちなみにここではSonyの少し古いBluetoothイヤホンWI-C300を使って説明します。

スポンサーリンク

  1. 設定を開く
  2. Bluetoothをタップ
  3. 分類したいBluetoothデバイスをタップ(ここではWI-C300)
  1. デバイスタイプをタップ
  2. 選択肢から適切なデバイスタイプを選んでタップ

分類できるのはオーディオ系のみ?

我が家にはあまりたくさんのBluetooth機器がないため、細かく確認をすることができなかったのですが、分類できるBluetooth機器はオーディオ系に限るようです。

またAirPodsはApple純正ということでデバイスタイプが把握できているためか、デバイスタイプを選ぶことはできませんでした。

この記事はiOS 14.4とiPadOS 14.4がリリースされた当日に書いているため、まだこの機能の使い道が正直よくわかりません。

今後使い方がわかったら追記していきたいと思います。

関連記事