iPhone・iPadを強制的にリカバリーモードやDFUモードにする方法(iPhone XS、iPhone XR対応)

iPhoneやiPadを使っていて、何かしらの理由で端末を強制的に初期化して、iOSを入れ直さなければならない自体に遭遇することがあります。

そんなとき、まず試したいのはiPhoneやiPad、そしてiTunesを使って工場出荷時の状態に戻して復元をすることです。ところが稀にリセットをかけられないことがあります。

そんなとき試したいのがリカバリーモードDFUモードを使った復元です。

この記事ではリカバリーモードやDFUモードを使った復元方法と、手順を見ながら復元しようとしているのにリカバリーモードやDFUモードに入らないときの対処方法を紹介します。

リカバリーモードとDFUモードの違いは何?

スポンサーリンク

まず最初にリカバリーモードDFUモード。この2つは何が違いを紹介します。

リカバリーモードとは

リカバリーモードはiPhoneやiPadのOS「iOS」に入っている起動プログラムを使って、iOSのアップデートや修復を行います。

Appleが公式としてサポートしているのはリカバリーモードです。

リカバリーモードアップデート修復という機能があり、アップデートは初期化は行わないため、もともと入っていたデータが残ります。

DFUモードとは

一方、DFUモードはDevice Firmware Update Modeの略で、本来は端末のファームウェアをアップデート(更新)するときに使うモードです。

iPhoneやiPadのOSやブートローダーを読み込まず、iTunesが外部から強制的にiPhoneやiPadを認識し、iTunesが無理やりiPhoneやiPadのiOSを修復します。

つまりリカバリーモードと比べて、DFUモードのほうが強制力が強いということです。

ちなみにDFUモードは非公式となっていますので、DFUモードを使って更なる問題が発生した場合はAppleのサポートを受けられない可能性があります。注意しましょう。

DFUモードはiPhoneやiPadを完全に初期化(工場出荷時の状態に戻に戻すこと)されますので、データは残りません。

まずは下準備のバックアップ

スポンサーリンク

iPhoneやiPadをリカバリーモードやDFUモードで復元・修復する前に共通して行う準備があります。それはiTunesに端末本体のデータのバックアップを取ることです。

  1. iTunesの最新版をダウンロードしてインストールしておく
  2. iTunesが起動していたら終了させる
  3. iPhoneなどの端末をパソコンに繋ぐ
  4. iTunesを起動させる(自動で起動した場合は特に操作なし)
  5. iPhone・iPadのバックアップが終了するのを待つ

ここまでの順番も確実にiPhoneやiPadを復元するために必要なことなので、順番通りにやりましょう。

iPhoneやiPadを「リカバリーモード」にする方法

では、続いてiPhoneやiPad、さらにiPod Touchをリカバリーモードにする方法です。

iPhone・iPad、iPod Touchのモデルによって若干操作方法が異なりますので、お持ちの機種に合わせた操作を行ってください。

ちなみにそれぞれの操作を最後まで行い、リカバリーモードになると以下のようなメッセージがiTunesに表示されます。

アップデートまたは復元を必要としているiPhone(またはiPad)に問題があります。

この問題はiPhone(またはiPad)をアップデートすることで解決する場合があります。設定やコンテンツは保持されます。アップデートが機能しない場合は、”復元”をクリックする必要があり、これによりすべての設定とコンテンツが消去されます。このコンピュータまたはiCloudにこのiPhone(またはiPad)のバックアップが作成されている場合は、バックアップをiPhone(またはiPad)上に復元するよう求められます。

 

iPhone 8やiPhone X、iPhone XS、iPhone XR、2018年発売のiPad Proをリカバリーモードにする方法

  1. 上記の方法でバックアップを取る。パソコンとの接続はそのまま。
  2. 端末の音量アップのボタンを押して、すぐに放す
  3. 端末の音量ダウンのボタンを押して、すぐに放す
  4. 端末のサイドボタン(電源ボタン)を長押しする
  5. アップルマークが出ても押し続ける
  6. 端末の画面が暗くなって、続いて画面にiTunesとライトニングケーブルが表示されたら手を放す
  7. そのあとはiTunesの画面の指示に従って操作を進める

iPhone 7やiPhone 7 Plusをリカバリーモードにする方法

  1. 上記の方法でバックアップを取る。パソコンとの接続はそのまま。
  2. 電源ボタン音量ダウンのボタンを同時に押し続ける
  3. Appleのロゴが出ても、ずっとボタンを押す
  4. 端末の画面が暗くなって、続いて画面にiTunesとライトニングケーブルが表示されたら手を放す
  5. そのあとはiTunesの画面の指示に従って操作を進める

iPhone 6sかそれ以前、iPad、iPod Touchでリカバリーモードにする方法

iPhone 6sかそれ以前のiPhoneやiPad、iPod Touchでリカバリーモードを使うには

  1. 上記の方法でバックアップを取る。パソコンとの接続はそのまま。
  2. 電源ボタンホームボタンを同時に押し続ける
  3. Appleのロゴが出ても、ずっとボタンを押す
  4. 端末の画面が暗くなって、続いて画面にiTunesとライトニングケーブルが表示されたら手を離す
  5. そのあとはiTunesの画面の支持に従って操作を進める

iPhoneやiPadをDFUモードにする方法

それでは次にDFUモードにする方法を見てみましょう。

DFUモードもリカバリーモード同様、必ずiPhoneやiPadのバックアップを必ず取るようにしましょう。また、端末ごとに操作方法が若干異なりますので、お持ちの端末に合わせた操作をしましょう。

DFUモードにすることができると、iTunesに以下のようなメッセージが表示されます。

iTunesはリカバリーモードのiPhone(またはiPad)を見つけました。iTunesでご利用になる前に、このiPadを復元する必要があります。

メッセージには「リカバリーモード」と書いてありますが、リカバリーモードと違い、復元アップデートの選択肢はなくOKしかありません。

iPhone 8やiPhone X、iPhone XS、iPhone XR、2018年発売のiPad ProをDFUモードにする方法

  1. 上記の方法でバックアップを取る。パソコンとの接続はそのまま。
  2. 音量アップのボタンを押して、すぐに放す
  3. 音量ダウンのボタンを押して、すぐ放す
  4. サイドボタンを押し続ける
  5. 画面が暗くなったらサイドボタンは押したまま、音量ダウンボタンを5秒押し続ける
  6. サイドボタンだけ放して、音量ボタンは押し続ける
    ※もし、この時点でアップルロゴが出てきたら、失敗したということなので、ケーブルを一回抜いてやり直し
  7. iTunesにメッセージが出てきたら、あとはiTunesの指示に従って操作をする

iPhone 7やiPhone 7 PlusをDFUモードにする方法

  1. 上記の方法でバックアップを取る。パソコンとの接続はそのまま。
  2. 電源ボタン音量ダウンのボタンを押し続ける
  3. 10秒くらい押し続けたら、電源ボタンだけ押すのを止める=ホームボタンはまだ押す
  4. iTunesにメッセージが出てきたら、ホームボタンを押すのを止める
  5. iTunesの指示に従って操作を行う

iPhone 6sかそれ以前のiPhone、iPad、iPod TouchをDFUモードにする方法

  1. 上記の方法でバックアップを取る
  2. 電源ボタンホームボタンを押し続ける
  3. 10秒くらい押し続けたら、電源ボタンだけ押すのを止める=ホームボタンはまだ押す
  4. iTunesに上記のようなメッセージが出てきたら、ホームボタンを押すのを止める
  5. あとはiTunesの指示に従う

リカバリーモード・DFUモードにならないときの対処方法

リカバリーモードやDFUモードを使って復元しようとしてもうまく行かないことがあります。

ただでさえリカバリーモードやDFUモードという慣れないことをしているのに、うまく行かなかったら更に焦りますね。

そこでさらにもっと焦って、成功するまで何度も何度もリカバリーモードやDFUモードにしようとしてしまいがちです。僕がそうでした。。(汗

そんなうまくリカバリーモードやDFUモードに入れないときは、同じことを繰り返すのではなく「ケーブル」を疑ってみましょう。

普段問題なく使えているケーブルでもリカバリーモードやDFUモードにするとき、また復元するときに使えないことがあります。

確実に復元を成功させたいときはApple純正のLightningケーブル(またはUSB-Cケーブル)を使うことをオススメします。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥1,899 (2019/10/15 18:00:47時点 Amazon調べ-詳細)

時間に余裕を持って挑みましょう

リカバリーモードにしてもDFUモードにしても、アップデートや修復には、iOSをダウンロードしてインストールしたり、バックアップを取ったり、さらに復元のあとは端末の設定や、アプリのダウンロードなど非常に時間も手間もかかります。

なので時間には必ず余裕を持って行うようにしましょう。

関連記事