iPadの外付けキーボードのキーの割り当てを変更する方法

iPadは2019年にリリースされたiPadOS 13から外部キーボードのCaps LockキーやCommandキーなどの割り当てを変更できるようになりました。

これによってCaps Lockキーを押したときに言語を切り替える地球儀キーに変更するなどのカスタマイズができるようになりました。

iPadの外部キーボードの服飾キーの割り当てを変更する方法

スポンサーリンク

iPadのCaps LockキーやControlキーなどの服飾キーを別のキーに割り当てる方法は以下の通りです。

  1. iPadに外部キーボードを接続する
  2. 設定を開く
  3. 一般をタップ
  4. キーボードをタップ
  5. ハードウェアキーボードをタップ
  6. 服飾キーをタップ
  7. 変更したいキーをタップして変更する

手順でも触れていますが、外部キーボードを必ずつけてから設定を行うようにしてください。接続しないまま設定を行おうとすると、ハードウェアキーボードという設定項目が表示されません。

設定できる服飾キーと注意点

スポンサーリンク

設定できる服飾キーは以下の通りです。

  • Caps Lockキー
  • Controlキー
  • Optionキー
  • Commandキー
  • 地球儀キー

これ以外に「割り当てない」という設定できるので、間違えて押しやすく、使っていないキーがあれば、そのキーには何も割り当てず無効化することも可能です。

設定する際の注意点

このキーの変更ですが、キーの割り当てを自由に変える機能ではありません。

Caps LockやControlなどの服飾キーを別の服飾キーに設定することはできますが、服飾キー以外のキーの割り当てを変えたり、服飾キーに服飾キー以外のキーやショートカットを割り当てることはできません。

関連記事