話題のDNSサービス「1.1.1.1」をiPhoneやiPad、Macで設定する方法

話題のDNSサービス「1.1.1.1」をiPhoneやiPad、Macで設定する方法

【iOS 11対応】iTunesをアップデートしたら、iPhone/iPadのアプリをダウンロードできなくなったときの対象方法
【 iPhone編】iOS 11最速レビュー。使ってみて感じたこと
Apple Watch Editionや噂の新iPhoneの名前「iPhone 8 Edition」のEditionの意味

スポンサーリンク

ここ数日、新しいDNSサーバーの「1.1.1.1」が話題になっています。

一昨日(4月1日)がエイプリルフールだったこともあって一見、このサービスは冗談のような感じがしましたが、本当に一般に開放されたようです。

昔、Googleが「8.8.8.8」と「8.8.4.4」というDNSサーバーを一般開放して、一部で話題になりましたが、今回開放された「1.1.1.1」と「1.0.0.1」はCloudflareが提供するもので、インターネットの接続を高速に、そしてよりセキュアに行うことができるようになります。

今回はその「1.1.1.1」をiPhoneやiPadなどのiOSデバイスと、Macでどのように設定するのか紹介します。

iPhoneやiPadで「1.1.1.1」に設定する方法

まずはiPhoneやiPadで「1.1.1.1」を設定する方法から見ていきましょう。

スポンサーリンク

  1. 設定を開く
  2. Wi-Fiをタップ
  3. 現在、接続しているWi-Fi名をタップ
  4. DNSを構成をタップ

続いてDNSの設定を行います。

  1. 手動をタップ
  2. サーバーを追加をタップ
  3. 1.1.1.11.0.0.1を追加。いっぺんに追加ではなく2つ別で追加します
  4. もともとあったDNSの数字、ここでは192.168.20.1を削除。
    192.168.20.1を左にスワイプし、削除をタップ
  5. 右上の保存をタップ
  6. これで設定完了です。

iPhone/iPadの「1.1.1.1」を解除する方法

iPhone/iPadで設定した「1.1.1.1」を解除するには、追加した1.1.1.1と1.0.0.1を削除し、上で説明した5番の手動自動に戻せばOKです。

Macで「1.1.1.1」を設定する方法・解除する方法

それではMac(macOS)で「1.1.1.1」を設定する方法です。

  1. システム環境設定を開く
  2. ネットワークをクリック
  3. ウィンドウ右下の詳細をクリック
  4. DNSをクリック
  5. DNSサーバーをクリック
  6. 1.1.1.11.0.0.1を追加
  7. ウィンドウ右下のOKをタップ
  8. 以上で設定は終わりです。

Macの「1.1.1.1」を解除する方法

また、解除をしたいときは追加した1.1.1.1と1.0.0.1を削除するだけでOKです。上の「5番」のの隣にのボタンがあるので、2つを消しましょう。

スポンサーリンク

COMMENTS