Apple Watchの省電力モードを解除できない/戻せないときの対処方法

この記事ではApple Watchが省電力モードになったものの、もとに戻せない、省電力モードを解除できないときの対処方法を紹介します。

Apple Watchの省電力モード

スポンサーリンク

「Apple Watchの省電力モードは使わない」という人が結構います。

なぜかというとApple Watchの省電力モードをオンにすると、Apple Watchは「時計」以外の機能がすべてオフになり、ただのデジタル時計になってしまうからです。

ちなみにApple Watchを省電力モードにする方法や、その効果は以下の記事を参考にしてみてください。

Apple Watchの省電力モードを解除できない?

スポンサーリンク

Apple Watchの省電力モードを解除する方法

Apple Watchを省電力モードに設定する時、以下のようなメッセージが表示されます。

省電力モードは、現在の時刻を表示する以外の機能をオフにして、バッテリーの寿命を長持ちさせます。

省電力モードを終了するには、サイドボタンを長押しします。

つまりサイドボタンを長押しすれば、省電力モードは解除されるはずです。

ところが実際に省電力モードにしてみたら「うまく解除できない」という声が結構あるんです。

Apple Watchの省電力モードを解除するには

Apple Watchの省電力モードを解除するには、サイドボタンを長押しして、アップルマークが表示されるのを待ちます。

その後Apple Watchの電源は切れますので、再び再度ボタンを押してApple Watchを起動させます。

これで省電力モードは解除されています。

つまり「サイドボタンを長押ししても省電力モードを解除できない」という方は「長押しする時間が短い」ということが多いです。

Apple Watch終了後、電源が入らない場合は

無事にApple Watchの電源を切れたものの、その後Apple Watchの電源を入れることができないことがあります。

なぜApple Watchの電源が入らないのか。

それはApple Watchの仕様として「バッテリー残量が10%を切るとApple Watchは起動できない」ように作られているからです。

バッテリー残量が10%未満の場合は、Apple Watchを充電してバッテリー残量を10%以上にしてからApple Watchを起動させましょう。

 

関連記事