iPhone・iPadでWi-Fiのパスワードを共有する方法

スポンサー・リンク

先日、久しぶりに行ったカフェでiPhoneだけWi-Fiが繋がって、iPadはWi-Fiのパスワードがわからず、iPadでインターネットに繋げるのに右往左往した@masaosada です。

iPhoneやiPad、iPod Touch・Macは「Wi-Fiパスワード共有」という機能を使って、Wi-Fiのパスワードを共有することができます。ところがそのカフェにいるとき、なぜかパスワードが共有されなかったので、改めてやり方を整理してみました。

Wi-Fiパスワード共有は友人が家に来たときにパスワードを教えるとき、セキュリティーの観点から相手に教えたくなかったり、パスワードが長くて複雑すぎて教えるのが大変なときとても重宝します。

iPhone・iPad・MacでWi-Fiパスワード共有を使う方法

Wi-Fiパスワードを共有する前の準備

Wi-Fiのパスワードを共有するためには以下の準備が必要です。

  • Wi-Fiのパスワードを共有する端末同士、Wi-FiBluetoothオンになっている
  • それぞれの端末のインターネット共有オフになっている
  • Wi-Fiパスワードを教える側のApple IDが、教えてもらう側の連絡先アプリに登録されていること
  • お互いの端末が近くにあること
  • iOSが11以降である

これらの準備が整ったら、Wi-Fiのパスワードの共有は簡単にできます。

Wi-Fiパスワードを共有する方法

iPhoneとiPadでWi-Fiのパスワードを共有する方法

ちなみにわかりやすいように

  • 【A】 … パスワードを教えて欲しい人
  • 【B】 … パスワードを教える人

に分けて書きました。

  1. 【A】パスワードを知りたいWi-Fiに繋げる
  2. 【A】パスワードの入力画面が出てくる。
    すぐ表示されることもあれば、2-3分かかることがありますので気長に待ちましょう。
  3. 【B】端末にWiFiパスワードという画面が表示
  4. 【B】パスワードを共有をタップ
  5. 【B】完了というメッセージが出るので、完了をタップ

以上で、【A】の人は何も入力することなく、Wi-Fiのパスワードは共有され無事にインターネットに繋ぐことができます。

お互いが同じWi-Fiに繋がなくてもOK

ちなみに、Wi-Fiパスワード共有は、パスワードを教える側と教えてもらう側で同じWi-Fiに繋ぐ必要はありません。

例えば職場に来客があったとき、自分は社内ネットワークに繋がっているWi-Fiに接続した状態で、お客さんにはゲスト用のWi-Fiのパスワードを教えることができます。

注意:繋がらないときの対処方法

Wi-Fiパスワード共有という機能はバグが多いのか、不安定なのかわかりませんが、うまくWi-Fiパスワードを共有できなかったり、妙に時間がかかることがあります。

実際この記事を書くにあたって、何度も操作しているとなぜか急にパスワードの共有をしなくなったりしました。

そんなときは

  1. お互いのWi-FiBluetoothオンオフしてみる
  2. お互いの端末の再起動をする

この2つを行うと問題なくパスワードが共有できることがあります。お試し下さい。

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
★4.5 31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告