Apple Watchでタイマーの履歴を消す方法

スポンサー・リンク

この記事ではApple Watchのタイマー履歴を消す方法について紹介していきます。

Apple Watchのタイマーは初期設定で入っているタイマーが1分、3分、5分、10分、15分、30分、1時間、2時間しかなく、それ以外はカスタムで自分の希望する時間をSiriでセットしたり、手動でセットしたりします。

この手動でセットしたカスタム時間のタイマーの履歴は消すことができないのでしょうか。

Apple Watchでタイマーの履歴を消せない?

まずApple Watchでタイマーの履歴を消せないか探してみました。

タイマーアプリや、Apple Watch内の設定を見てもそういった項目はありません。そこでペアリングしたiPhoneの設定を見ても、タイマーの履歴を消す方法を見つけることはできませんでした。

そこでインターネット上を探してみると、Appleのコミュニティーに2019年1月付けで以下のような記載がありました。

残念ながら今のところタイマーの履歴削除は無理なようです。

同様の質問はAppleのコミュニティーにいくつか投稿されているらしく、それらの投稿でも返信がなかったり、明確な答えは掲載されていません。

Apple Watchのタイマーの履歴は消せる

Appleのコミュニティーページに明確な答えは掲載されていませんが、タイマーの履歴は消すことができます。

「消す」といっても、特定のタイマーを選択して削除するのではなく、「トコロテン式に古い履歴を消す」ことはできます。

どういうことか?というと、カスタムで設定したタイマーの履歴は全部で「3つ」しか保存されません。つまり

  • 00:12:00
  • 00:45:00
  • 00:07:00

上記のようなタイマーの履歴が残っているとき、真ん中の「00:45:00」を消したい場合は適当なタイマーをスタート→ストップを2回繰り返すことでトコロテン式に「00:45:00」が消えます。

また上の例で言う「00:12:00」と「00:07:00」を残したい場合は、適当なタイマーを2回セットするのではなく「00:07:00」と「何か適当なタイマー」をセットすることで真ん中にある「00:45:00」を消すことが可能です。

かなりアナログなやり方とはなってしまいますが、2019年4月現在これが唯一「Apple Watchのタイマーの履歴を消す方法」となっています。参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
★4.5 31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告