【iPhone・iPad】ライブフォトを常にオフにする方法

スポンサーリンク

この記事ではiPhone・iPadのLive Photos(ライブフォト)を常にオフにする方法を紹介します。

iPhone・iPadのLive Photos(ライブフォト)は写真に動きが加わるので、あとで写真を見返すと静止画では楽しめない違った楽しさがあります。

その一方で数秒とはいえ動画ファイルも含まれるためデータ容量が写真と比べて大きくなってしまいます。

そのため「普段はライブフォトをオフにして、必要に応じてライブフォトをオンにしたい」という方がいます。

そこでこの記事ではライブフォトを通常はオフにして、必要に応じてオンにする方法を紹介します。

ライブフォトはオフにしてもオンに戻ってしまう

初期設定の場合、iPhone・iPadのカメラは撮影中にLive Photos(ライブラリ)をオフにしても、時間を空けると再びライブフォトはオンに戻ってしまいます。

スポンサーリンク

常にライブフォトを使いたいけど、たまにライブフォトをオフにする人にとって、この「時間を空けるとオンに戻る設定」はありがたいです。

ところが「基本的にライブフォトはオフ。必要に応じてオンにしたい」という人にとってこの設定は非常に迷惑です。

そんなときは「設定」から「カメラ」の設定を変更してあげましょう。

ライブフォトが勝手にオンにならないようにする方法

iPhone・iPadの写真撮影中、ライブフォトが勝手にオンにならないようにするには「カメラ」の設定から「設定を保持」をオンにしてあげる必要があります。

操作手順は以下の通りです。

カメラの設定を保持して、ライブフォトを常にオフにする方法
  1. 設定を開く
  2. 下にスクロールしてカメラをタップ
  3. 設定を保持をタップ
  4. 画面一番下にあるLive Photosオンにする

以上の設定で一度ライブフォトをオフにすると次回からカメラを開いてもライブフォトはオンになりません。

注意:一度オンにすると次からもオンになってしまいます

スポンサーリンク

今回紹介した設定ですが、1つだけ気を付けたいことがあります。

それはこの設定は「最後の撮影時の設定を維持する」という設定のため、Live Photos(ライブフォト)を一度オフにすると、次回もオフの状態でカメラを開きますが、逆に一度ライブフォトをオンにして、そのままカメラを閉じると次回はライブフォトがオンでカメラを開きます。

もしライブフォトのオンとオフを頻繁に行う方は「設定を保持」をオンにすると、カメラを開いたときにライブフォトがオンだったりオフだったり、ややこしくなるかも知れません。

取り扱いに注意しましょう。