【iPhone・iPad】スクリーンタイムのパスコードを忘れたときのリセット方法

スポンサーリンク

iPhoneやiPadには「スクリーンタイム」という機能制限を行う機能があります。

この「スクリーンタイム」はパスコードを設定することで、パスコードを知らない人が勝手にスクリーンタイムを解除したり、設定を変えることを防ぐことができます。

スクリーンタイムのパスコードはiPhone・iPadのパスコードのように日々使う物ではありません。そのためいざスクリーンタイムのパスコードを解除しようとしたら忘れてしまうことがあります。

そんなときは一度スクリーンタイムのパスコードを解除して、改めてパスコードを設定してあげましょう。

スクリーンタイムのパスコードはiPhone・iPadのパスコードではない

まず最初に触れておきたいことがあります。

同じパスコードと言う言葉を使っているので、誤解しているかも知れないので説明しておくと、スクリーンタイムで使うパスコードはiPhone・iPadのロックを解除するためのパスコードではありません。

スポンサーリンク

そもそもiPhone・iPadのパスコードは初期設定だと6桁。ところがスクリーンタイムのパスコードは4桁です。ただしiPhone・iPadのパスコードを4桁にしている人は例外です。

とはいえiPhone・iPadのパスコードを「123456」にしている人が、スクリーンタイムのパスコードを「1234」や「3456」にしている可能性もあるので、どちらも試してみましょう。

スクリーンタイムのパスコードをリセットできないこともある

スクリーンタイムのパスコードをリセットしたくてもできないケースがあります。

例えば子どものApple IDでログインしたiPhone・iPadに、親の端末からスクリーンタイムとパスコードを設定した場合、子どもの端末からはパスコードをリセットすることができません。

また同様に企業が従業員に配布するiPhone・iPadの中には管理ツールの一部の機能でスクリーンタイムの設定を変更できないようにロックされていることも。

そういったケースの場合はスクリーンタイムのパスコードをリセットできませんのでご理解ください。

スクリーンタイムのパスコードをリセットする方法

それでは前置きが少し長くなりましたが、スクリーンタイムのパスコードを忘れてしまったときにパスコードをリセットする方法を紹介します。

スポンサーリンク

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールしてスクリーンタイムをタップ
  3. 画面下の方にあるスクリーンタイム・パスコードを変更をタップ
  1. パスコードは入力せずパスコードをお忘れですか?をタップ
  2. スクリーンタイム・パスコードを変更またスクリーンタイム・パスコードをオフをタップ
  3. Apple IDとApple IDのパスワードを入力

このあと「パスコードを変更」を選んだ場合は新しいパスコードの設定画面が、オフを選んだ場合はスクリーンタイムのパスコードがオフになります。

毎月のデータ通信を安くしませんか?

毎月の通信費を払いすぎていませんか?格安SIMに切り替えるだけで毎月・毎年の通信費を大幅に抑えられます

  • 格安SIMなら安心・定評がある「IIJmio

iPhoneの購入なら

BIGLOBEならiPhone 12と音声通話SIMセットで実質20,000円も安くなります。iPhone SE第2世代なら26,000円台で購入できる!

最新機種なら公式ショップもオススメ

関連記事