Apple Watchの「スタンドの時間です」をオフにする方法

Apple Watchは一定時間座り続けていると「スタンドの時間です!」というリマインダーを通知してきます。

この機能、便利なようで意外と邪魔だと思っている人も多いそうです。

そこでこの記事ではApple Watchの「スタンドの時間です」という通知をオフにする機能を紹介します。

Apple Watchの「スタンドの時間です!」という通知をオフにする方法

スポンサーリンク

スタンドの時間です!立ち上がって、1分ほど動きましょう!と通知が来る

Apple Watchはアクティビティーの一環として「スタンド」、つまりずっと座っていないで、定期的に立ち上がって体を動かしたかどうかをみる機能があります。

立ち上がって 1 分以上体を動かした時間の合計が、1 時間単位で表示されます。毎日のスタンドゴールは、1 日 12 時間、1 時間あたり 1 分以上立ち上がって少し体を動かせば達成

Apple Watch でアクティビティ App を使う – Apple サポート

この機能は1時間ずっと座っていると、そろそろ立ち上がりましょうと促してくれるわけです。

では、その通知をオフにする機能ですが、以下の通りとなっています。

  1. iPhoneのWatchアプリを開く
  2. 通知をタップ
  3. アクティビティをタップ
  4. スタンドリマインダーオフ

これでスタンドのリマインダーはオフになります。

健康を考えるとオフにせず素直に立ち上がろう

スポンサーリンク

今回、Apple Watchのずっと座っているのを防止するリマインダーをオフにする方法を紹介しましたが、健康のことを考えるとリマインダーをオフにするのではなく1時間に1回は立ち上がって、背伸びをしたり、コーヒーやお茶を飲むなどするようにしたほうがよさそうです

とはいえ、仕事柄ずっと座っている必要があったり、なんらかの事情で設定が邪魔になることもあると思うので、そんな時は今回紹介した方法で設定をオフにしましょう。

関連記事