iPhone 13 Proのマクロ撮影で自動的にカメラが切り替わるのをオフにする方法

スポンサーリンク

この記事ではiPhone 13 Proに新しく搭載された「マクロ撮影機能」で、iPhoneが被写体に近づいたとき、自動的に広角カメラに切り替わる機能をオフにする方法を紹介します。

これまではカメラが自動的に切り替わった

iPhone 13 Proで搭載されたマクロ撮影は超広角(0.5倍)のカメラを使います。これまではカメラが望遠(3倍)になっていても、広角(1倍)になっていても、iPhoneが被写体に近づくと自動的に超広角に切り替わりマクロ撮影を行うことができました。

「自動で切り替わるほうが便利」な感じもしますが、実際に使ってみると勝手にデジタルズームが使われていて、画像が荒くなってしまうこともあります。

「とりあえず撮影できればOK」な方にとっては自動は便利です。でも逆に言うと「ちゃんと撮りたい人」にとっては「勝手に切り替えるな」と声がSNSなどで上がっています。

そこで登場したのが「マクロ撮影の自動カメラ切り替えをオフにする」という設定です。

スポンサーリンク

iPhone 13 Proの自動カメラ切り替えをオフにする方法

iPhone 13 Proでマクロ撮影時にカメラが自動で切り替わるのをオフにする方法は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. 下にスクロールしてカメラをタップ
  3. 一番下にスクロールして自動マクロ撮影をオフに

以上で広角カメラで被写体に近づきすぎたときなどにカメラは自動的に超広角カメラに切り替えなくなります。

関連記事