AirPodsのランプがオレンジで点滅しているときの対処方法

スポンサーリンク

ある日AirPods Proのケースを見たらランプがオレンジ色に点滅して、iPhoneを認識しなくなってしまったことがありました。

この記事ではそんなAirPodsの充電ケースのランプがオレンジ色に点滅しているときにどうすればいいのか紹介します。

おさらい:ランプが光る意味を知っておこう

まずはじめに「オレンジ色に点滅」を含め、AirPodsの充電ケースのランプが点灯・点滅しているときの意味をおさらいしておきましょう。

AirPodsが充電ケースに入っているとき

AirPodsが充電ケースに入っている状態で蓋を開けたときに光るライトの意味から見ていきましょう。

スポンサーリンク

  • 緑に点灯 … AirPodsが100%充電されている
  • オレンジに点灯 … AirPodsは充電中
  • 白に点灯 … AirPodsの設定&ペアリングができる状態

AirPodsが充電ケースの外にあるとき

続いてAirPods本体はケースの外にある状態で、充電ケースのランプが光っている理由です。

  • 緑に点灯 … 充電ケースにバッテリーがまだ最低でも1回以上充電できる残量がある
  • オレンジに点灯 … 充電ケースのバッテリーが少なく充電が必要

その他

その他にもAirPodsの充電ケースのランプが光ることがあります。

  • 充電が始まったときはオレンジ色に8秒間点灯する
  • AirPodsを設定し直す必要があるときはオレンジ色に点滅する

AirPodsの充電ケースのランプがオレンジ色に点滅しているときの直し方

スポンサーリンク

ランプが点灯・点滅している意味を見ていただいたとおり、AirPodsの充電ケースがオレンジ色に点滅しているのは「AirPodsを再設定する必要がある」からです。

では「再設定」とは何か?というと、一度AirPodsをリセット(初期化)して改めてiPhoneやiPadに繋ぎ直すことを言います。

  1. AirPods・AirPods Proを充電ケースに入れる
  2. 30秒待つ
  3. AirPods・AirPods Proの充電ケースのフタを開ける(このあと閉じない)
  4. iPhone・iPadの設定を開く
  5. Bluetoothをタップ
  6. リセットしたいAirPodsまたはAirPods Proの横にあるをタップ
  7. このデバイスの登録を解除をタップ
  8. 蓋を開けたまま充電ケースのボタンを長押しする
  9. 電源ランプが白く点灯→オレンジの点滅に→最後にもう一度「白く点滅」したら手を離す(全部で約15秒ほど)

これでAirPodsのリセットは完了です。あとはiPhoneやiPadの近くでケースの蓋を開けると、自動的にペアリングが始まるはずです。

別の記事でもう少し詳しくAirPodsのリセットのやり方を紹介していますので、うまくできないときは下記の記事を参考にしてみてください。

何度リセットしても直らない場合は

もし何度リセットしても直らない場合は、AirPodsの故障、もしくは初期不良の可能性があります。

僕はAirPods Proを何度リセットしても片方だけiPhone・iPadと繋がらず、Apple Storeに持っていったところ初期不良だったことがありました。購入してすぐではなく、少ししてから壊れたのですがそういうこともあるようです。

スポンサーリンク

もしうまくリセットができないときはApple Store、もしくは正規の修理店に相談してみましょう。

関連記事