iPhoneのバイブレーション(振動)をオフにする3つの方法

会議中にテーブルの上に置いたiPhoneが何かを受信して大きな音で振動。室内にブーーブーーと大きなおとで鳴り響いた経験ありませんか?

今回はiPhoneのバイブレーション(振動)を完全にオフにする方法を紹介します。

iPhoneのバイブレーション(振動)をオフにする3つの方法

スポンサーリンク

iPhoneのバイブレーション(振動)をオフ・無効にする方法は2通りあります。

その1:振動のオンオフを切り替えて使う

1つ目の方法はマナーモードがオンの状態とオフの状態でiPhoneが振動するかどうか設定する方法です。

例えば

  • マナモードオフ … 振動する
  • マナーモードオン … 振動しない

などを設定できます。もちろん両方振動しないようにすることも可能です。

ではその設定方法は?というと非常にシンプルです。

  1. 設定を開く
  2. サウンドと触覚をタップ
  3. 画面一番上の着信スイッチ選択時サイレントスイッチ選択時のいずれか、または両方をオフにする

ちなみに「着信スイッチ選択時」というのはマナーモードがオフの状態で、通知音などの音がする状態です。一方、「サイレントスイッチ選択時」はマナーモードがオンの状態です。

その2:個別に設定する方法

もしバイブレーションをオフにしたいのが「電話だけ」「メールだけ」や、特定の人からの電話だけバイブレーションをオフにしたいと言った場合は、個別に設定を変えることができます。

下記のやり方は電話やiPhoneにメッセージのアプリでは使えますが、LINEなどのメールアプリや、SPARKなどの他社製メールアプリでは使えません。

電話の着信音でバイブレーションをオフにする方法

電話の着信音でバイブレーションをオフにしたい場合、

  1. 設定を開く
  2. サウンドと触感をタップ
  3. 着信音をタップ
  4. バイブレーションをタップ
  5. 画面一番下のなしをタップ

以上で電話の着信時に振動は一切来なくなります。

それと余談と言えば余談ですが、自作のバイブレーション(振動)を作ることで、完全にバイブレーションをオフにするのではなく、「他人に気付かれにくいバイブレーション」を設定することも可能です。

その3:iPhoneの振動を「完全に」オフにする

2つ目の方法はiPhoneのバイブレーション(振動)を「完全に」オフにする方法です。

こちらの設定は着信が鳴るときも、またマナーモードをオンにしたときもiPhoneは振動しません。

ただし注意点もありますので後述します。

iOS 13・iPadOS 13か、それ以降の場合

  1. 設定を開く
  2. アクセシビリティをタップ
  3. タッチをタップ
  4. バイブレーションオフ

iOS 12.4か、それ以前の場合

iPhoneのバイブ(振動)をオフにする方法 iOS 12.4かそれ以前の場合
  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. アクセシビリティをタップ
  4. 下の方にスクロールし、バイブレーションをタップ
  5. バイブレーションオフ

完全にオフにしたときの注意点

この「アクセシビリティ」からバイブレーション(振動)をオフにする方法を使うと、文字通りすべての振動がオフになります。

すべてというのは

  • メールやメッセージの受信
  • タイマー

といった振動だけでなく、

  • 地震や津波といった緊急速報
  • 操作時の触感(ボタンのオンオフや3D Touch時など)

など本当にありとあらゆる振動がオフになります。

それでは困る場合は「その1」の方法を使ってメールやメッセージを受信したときの通知だけ振動をオフにすることをお勧めします。

関連記事