「iPhoneなどApple製品は除菌シートで拭いても大丈夫」ただし注意が必要

新型コロナウイルスの蔓延を受けて「接触感染」を危惧する人が増え、スマホに着いたウイルスを除菌したいという人が増えています。

実際、以前からiPhoneに限らずスマホは「便器より10倍菌がいる」とか言われたりします。

そんな声を受けてAppleが「How to clean your Apple products」というサポートページで「除菌シートを使ってApple製品をキレイにしても大丈夫」という情報を加筆しています。

Apple製品を除菌シートで拭いても大丈夫。ただし注意が必要

スポンサーリンク

これまでAppleはApple製品のお手入れ方法として、糸くずがでない布などで製品を「から拭き」または「水で湿らせて拭く」ことを推奨していました。

ところがAppleはここ最近の新型コロナウイルスの蔓延を受けて、サポートページに除菌シートでApple製品を拭いても大丈夫という旨の情報を追記しています。

どんなことが追記されたか一言で言ってしまえば、「除菌シートを使ってiPhoneなどApple製品を拭くのは問題ありませんが、注意が必要」とのことです。

サポートページ「How to clean Apple products」には以下のように書かれています。

Is it OK to use a disinfectant on my Apple product?
Using a 70 percent isopropyl alcohol wipe or Clorox Disinfecting Wipes, you may gently wipe the hard, nonporous surfaces of your Apple product, such as the display, keyboard, or other exterior surfaces. Don’t use bleach. Avoid getting moisture in any opening, and don’t submerge your Apple product in any cleaning agents. Don’t use on fabric or leather surfaces.

意訳するとこんなことが書かれています。

除菌シートでApple製品を拭いても大丈夫ですか?
70%イソプロピルアルコールが含まれたシート、またはクロロックス除菌シート(商品名)を使ってください。キーボードやディスプレイなど穴がないところを優しく拭きます。
ブリーチは使わないでください。開口部に湿気を入れないでください。洗剤などに漬けないでください。生地や皮の表面では使わないでください。

とのことです。つまり除菌シートとはいってもどの製品でもいいわけではないようです。

今のところ、イソプロピルアルコールを70%含んだ除菌シートか、アメリカで一般的な除菌シートブランドのクロロックスを使うよう書かれています。

日本語版のサポートページはまだ未更新

スポンサーリンク

2020年3月10日、朝7時すぎの時点では日本語のサポートページに今回の除菌シートに関する記載はありません。

今後、日本ではどういったタイプの除菌シートを使うのが良いかなど記載されるかもしれませんので、興味がある方は上記のページを時々チェックしてみてください。

 

関連記事