Tascam DR-07X・DR-05Xのファームウェアをアップデートする方法

スポンサーリンク

この記事ではTascam DR-07X・DR-05Xのファームウェアをアップデートする方法を紹介します。

やり方自体は公式ページにPDFで配布されているのですが、少し手間取ったところがあったので、その辺を踏まえて自分なりに記事としてまとめたものです。

ステップ1:アップデートが必要か確認する

まず初めに行うのは「最新のファームウェアがあるかどうか」、つまりファームウェアをアップデートする必要があるかどうか確認します。

お使いのDR-07X・DR-05Xのバージョンを知る

最初にお使いのDR-07X・DR-05Xのファームウェアのバージョンを知っておきましょう。場合によってはアップデートが必要ない可能性もあります。

スポンサーリンク

やり方は「2つ」あります。1つは起動画面でチェックする方法。そしてもう1つは設定から見る方法です。

起動画面でファームウェアを知る方法

1つは電源を入れた瞬間に表示されるファームウェアのバージョンを見ることです。

一瞬しか見えませんが、型番の下にファームウェアのバージョンが表示されます。どこに表示されるかわかれば一瞬表示されるだけでもバージョンがわかるはずです。

設定から知る方法

もう1つの方法のほうが手順が多いので面倒かもしれません。

  1. 本体の電源を入れる
  2. MENUボタンを押す
  3. ボタンを使ってその他を選択し▶︎を押す
  4. インフォメーションを選択し▶︎を押す
  5. ボタンを使ってSYSTEMを表示

バージョンと書かれている項目がファームウェアのバージョンなので、メモっておきましょう。

最新のファームウェアがあるか確認する

最新のファームウェアのバージョンを調べる方法はTascamの製品ページを訪れ、ページの下の方にある「ファームウェア」という項目でチェックします。

スポンサーリンク

2021年3月16日現在、どちらのファームウェアもバージョンは「1.12」です。

ステップ2:ファームウェアをダウンロードする

もしお使いのDR-07X・DR-05Xのファームウェアのバージョンより新しいバージョンのファームウェアが出ていた場合は、ダウンロードしておきましょう。

ダウンロードするためのリンクは公式サイトの商品ページにあります。

ちなみにファイルのダウンロードはWIndowsやMacなどのパソコンから行うことをお勧めします。というのも、ダウンロードしたファームウェアのファイルは、MicroSDカードに移動させる必要があるからです。

ステップ3:アップデートする前の注意

ファームウェアのアプデートを行う際は以下の条件下で行うようにしましょう。

スポンサーリンク

  1. 電池残量が十分ある状態
  2. 別売の専用ACアダプター(TASCAM PS-P520E)で電源を供給されている状態
  3. パソコンと接続されていてバスパワーで駆動している状態

「バスパワー」というのはUSBポートから電源をとっている状態です。もし「バスパワーの状態」かどうかわからない時は、DR-07X・DR-05Xに入っている電池を抜くと確認できます。

もしバスパワーの時=USBから給電されている時は電池を抜いても電源は切れませんが、バスパワーでない=USBから給電されていない時は電源が切れます。

ステップ4:ファームウェアをアップデートする

ファームウェアのファイルをダウンロードして、電源・電池の状態もクリアしたところで、ファームウェアのアップデートを行いましょう。

  1. DR-07X・DR-05XにSDカードが入っているか確認する
  2. DR-07X・DR-05Xの電源が切れているか確認する
  3. USBケーブルを使って、パソコンとDR-07X・DR-05Xを接続する
    DR-07X・DR-05X側はmicroUSBケーブル
  4. DR-07X・DR-05Xの電源を入れる
  1. USB接続という画面でボタンを使ってSDカードリーダーを選択し▶︎を押す
  2. (パソコン側)ファームウェアのZIPファイルを解凍する
  1. (パソコン側)外部メディアとして認識されたDR-07XもしくはDR-05Xを開く

スポンサーリンク

  1. ダウンロードして解凍したファームウェア(下記参照)のファイルをDR-07XもしくはDR-05Xのフォルダ内にあるUTILITYというフォルダに入れる

2021年3月17日現在、DR-07Xのファームウェアのファイル名は「DR07X_061.112」、DR-05Xのファームウェアのファイル名は「DR05X_061.112」です。

この時、解凍されたフォルダごとUTILITYにコピーするのではなく、ファームウェアのファイルだけコピーする必要があります。

  1. パソコンからDR-07XもしくはDR-05Xを正しい手順で抜く
  2. DR-07X・DR-05Xの電源を切る
  3. DR-07X・DR-05XのMARK◀︎◀︎を同時に押しながらPROGRAM UPDATEが出るまで電源を長押しする
  1. ダウンロードしたファームウェアを選択して、▶︎を押す

Macからファームウェアをコピーした場合、ファームウェアのファイル名の先頭に._から始まるファイルも表示されますが、._が付いていないファイルを選んで▶︎を押しましょう。

またPROGRAM UPDATEの画面に「No Update File」と表示された場合は、自動的に電源が切れるので電源が切れるまで待ちましょう。

  1. 「Are you sure?」と表示されるので、問題なければ▶︎を押す

スポンサーリンク

このあとは自動的にファームウェアアップデートが始まりますので、しばらく待ちましょう。2-3分でアップデートは完了します。

関連記事