[iPad]アプリのアイコンの右上にスマホやパソコンの絵。これは何?&出なくする方法

iPadを使っていると、画面下(Dockといいます)のアプリの右上に「スマホや、パソコン?テレビ?のマークが付くことありませんか?

この記事では、アイコンの右上に出てくるマークの意味と、また出てこなくする方法を紹介します。

アプリの右上に出てくるスマホやパソコンのマークは何か

スポンサーリンク

まず「スマホやパソコンのマークが付いたアイコン」がどんなものか?からです。

Safariの上にはパソコン(Mac)のアイコンが。そしてメモアプリの右上にはiPhoneが付いてますね。

これらがいったい何か?というと。

iPhoneやiPadの画面の下にはドック(Dock)と呼ばれる特定のアプリを常に表示するエリアがあります。

iPadのDockの左側は自分でドラッグ&ドロップをして配置したものです。

そして右側の3つは最近使ったアプリや、今回紹介するスマホやパソコンのマークが付いたアプリが表示されます。

これらのアプリが何か?というと

これらのアプリをタップするとどうなるのか?というと、Macのマークが付いたSafariの場合、そのときMacで開いているウェブページが表示されます。

またiPhoneのマークが付いたものは、そのときiPhoneで編集中のメモアプリが開きます。

この機能はHandoff(ハンドオフ)という機能で2014年にリリースされたiOS 8.0から搭載されています。ちなみにHand offは日本語で「受け渡す」という意味です。

このHandoffはMacやiPhone、iPad間でデータのやり取りをして、iPadで書いていたメモの続きをMacで書いたり、Macで見ていたウェブサイトの続きをiPadで見たりすることができるようになります。

誰かが使う可能性がある端末では要注意

スポンサーリンク

このHandoff。各端末のデータのやり取りや、作業の受け渡しができるため非常に便利なんですけど、注意したいこともあります。

それは「他の人が使う機会が多い端末」での使い方です。

というのもHandoffがオンになっていると、iPad側にMacやiPhoneのマークが付いたアプリを開かれてしまうと、勝手にMacやiPhoneのデータを引き継いだ内容が表示してしまいます。

つまりどういうことか?というと、パソコンで書いているメールの内容などを読まれてしまう可能性があるということです。

そのため他人が触れること/使うことが多い端末ではHandoffはオフにするというのも一つの選択肢になるかと思います。

Handoffをオフにする方法

では、Handoffをオフにする方法を見ていきましょう。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. Handoffをタップ
  4. Handoffオフ

これでオフにした端末はMacやiPadでアプリを開いてもHandoffで作業を引き継ぐために表示されることはありません。

関連記事