macOSのアップデート方法が変わった!?アップデートする方法

macOS(旧 Mac OS)は昔からソフトウェア・アップデートをApp Storeを使って行っていました。

ところがmacOS Mojave 10.14からそのアップデート方法が変わり、どこからアップデートしたらいいのか戸惑う人が多いようです。

そこでこの記事ではmacOSをアップデートする方法を紹介します。

macOSのアップデートはどこに消えた?

スポンサーリンク

macOS High Sieera 10.13.6のアップデートはApp Storeを使って行っていました。

つまりmacOSのアップデートも他のアプリのアップデートも並列に表示されていたわけです。

ところがmacOS Mojave 10.14から場所が変わってしまったため、App Storeのどこを探してもmacOSのアップデートは出てきません。

というのも、macOSのアップデートはシステム環境設定の中に移ったからです。

やり方は以下の通りです。

  • Macの画面の左上のAppleマークをタップ
  • システム環境設定をタップ
  • ソフトウェア・アップデートをタップ
  • 今すぐアップデートをタップ

以上でmacOS Mojaveをアップデートすることができます。

自動的にmacの状態を保つにチェックを付ければアップデートは自動で行ってくれますが、手動で行いたい方はやり方を頭の片隅にでも置いておきましょう。

関連記事