iPhone・iPadのSafariやChromeで閲覧履歴や検索履歴を残さない方法

友達や家族のiPhoneやiPadを借りてインターネットをするとき「相手に閲覧履歴や巻絡履歴を知られたくない」そんなことありますよね。

SafariやChromeといったブラウザには閲覧履歴や検索履歴を残さずに閲覧(ブラウズ)できる機能が搭載されています。Safariの場合はプライベートモード。Chromeの場合はシークレットモードと呼びます。

この記事ではiPhoneやiPadのウェブブラウザ、SafariとChromeを使ってウェブサイトを閲覧するとき、閲覧履歴や検索履歴を残さない方法を紹介します。

Safariを「プライーベートモード」にする方法

スポンサーリンク

まずはSafariで閲覧履歴や検索履歴を残さずにインターネットできる「プライベートモード」にする方法を紹介します。

iPhoneのSafariでプライベートモードを使う方法

Safariをプライベートブラウズモードにするには

  1. Safariを開く
  2. 画面右下のアイコンをタップ
  3. 画面左下のプライベートをタップ

これでプライベートモードになりました。タブを追加するときは画面下にあるを押しましょう。

Safariのプライベートブラウズモードから通常モードに戻す方法

プライベートブラウズモードをオフにしたいときは、プライベートモードをオンにしたのと同じ操作をするだけです。

  1. 画面右下のアイコンをタップ
  2. 画面左下のプライベートをタップ

Chromeでシークレットモードにする方法

スポンサーリンク

続いてはChromeで閲覧履歴や検索履歴を残さない「シークレットモード」にする方法は2つあります。

Chromeでシークレットモードにする方法その1

Chrome シークレットモードの使い方 iOS その1

  1. Chromeを開く
  2. 右下(※)のをタップ
  3. 新しいシークレットタブをタップ

Chromeのバージョンによってはが画面の右上にあります。

Chromeでシークレットモードにする方法その2

Chrome シークレットモードの使い方 iOS その2

  1. 画面右下のアイコンをタップ
  2. 画面上部「眼鏡に帽子」のアイコンをタップ

以上でシークレットモードにすることができます。

Chromeのシークレットモードから通常モードに戻る方法

Chromeのシークレットモードを終了させるには、上記の「画面右下のタブを管理するアイコンをタップし、「眼鏡に帽子」のアイコンの右をクリックすると通常モードに戻すことができます。

関連記事