iPhone・iPadの使い方

iPhone/iPadのSafariやChromeで閲覧履歴や検索履歴を残さない方法(iOS 11対応)

スポンサーリンク

今回の記事はiPhoneやiPadでウェブサイトを閲覧するとき、閲覧履歴や検索履歴を残さない方法を紹介します。

何かの事情で他人にiPhoneやiPadを借りてインターネットをする時、自分がどのサイトを閲覧したのか、またどんな言葉を検索したのか知られたくありませんよね。

そんなときはSafariやChromeに搭載されている「プライベートブラウズモード」または「シークレットモード」を使うことで、閲覧履歴や検索履歴を残さずウェブサイトの閲覧を行うことができます。

Safariで閲覧履歴や検索履歴を残さない方法

まずはSafariで閲覧履歴や検索履歴を残さずにインターネットをする方法を紹介します。

Safariで閲覧履歴や検索履歴を残さないモードを「プライベートブラウズモード」といいます。プライベートブラウズモードにするには

スポンサーリンク

  1. Safariを開く
  2. 画面右下のアイコンをタップ
  3. 画面左下のプライベートをタップ

タブを追加するときは+を押しましょう。

Safariのプライベートブラウズモードから通常モードに戻る方法

プライベートブラウズモードをオフにしたいときは、画面左下のプライベートをもう一度タップすると通常モードに戻ります。

Chromeの閲覧履歴や検索履歴を残さない方法

続いてはChromeで閲覧履歴や検索履歴を残さないモード「シークレットモード」にする方法です。

  1. Chromeを開く
  2. 画面右上の点が3つ縦に並ぶアイコンをタップ
  3. 新しいシークレットタブをタップ

Chromeのシークレットモードから通常モードに戻る方法

Chromeのシークレットモードを終了させるには、画面右上のタブを管理するアイコンをタップします。すると、通常モードのタブも表示されるのでシークレットモードのタブを閉じるか、通常モードのタブを選択します。

 

Amazon 今日の特価はこれ!

本日1月17日のAmazon.co.jpのタイムセール(特価)商品のなかから、特に気になったものを紹介します。
これ以外のタイムセールをご覧になりたい方は「タイムセール|Amazon.co.jp」をご覧ください。

レザーカバー折りたたみ式 USB充電ワイヤレスキーボード iOS対応
6,800円2,958円(57%OFF)
27件のレビュー
終了時間:2019年01月19日 10時14分まで
Amazonのページを見る

※2019年01月19日03時00分時点の価格と在庫です。価格の変更や売り切れの可能性があります。詳細は商品ページをご確認ください。

関連記事+広告

ABOUT ME
わち@りんごの使い方
わち@りんごの使い方
南半球のとある国在住。Mac歴はMac OS 7.6から。iPhone歴は3Gから。イマイチApple Watchの魅力がわかりません。