iPhone/iPadのSafariやChromeで閲覧履歴や検索履歴を残さない方法(iOS 11対応)

iPhone/iPadのSafariやChromeで閲覧履歴や検索履歴を残さない方法(iOS 11対応)

iPhone/iPadのSafariでキャッシュをクリア(削除)する方法。個別ページに対応
iPhone/iPadのSafariが重くなった時にやっておきたいこと
iPhoneで「Congratulations APPLE User!」というメッセージが出てしまうときの消し方

スポンサーリンク

今回の記事はiPhoneやiPadでウェブサイトを閲覧するとき、閲覧履歴や検索履歴を残さない方法を紹介します。

何かの事情で他人にiPhoneやiPadを借りてインターネットをする時、自分がどのサイトを閲覧したのか、またどんな言葉を検索したのか知られたくありませんよね。

そんなときはSafariやChromeに搭載されている「プライベートブラウズモード」または「シークレットモード」を使うことで、閲覧履歴や検索履歴を残さずウェブサイトの閲覧を行うことができます。

Safariで閲覧履歴や検索履歴を残さない方法

まずはSafariで閲覧履歴や検索履歴を残さずにインターネットをする方法を紹介します。

スポンサーリンク

Safariで閲覧履歴や検索履歴を残さないモードを「プライベートブラウズモード」といいます。プライベートブラウズモードにするには

  1. Safariを開く
  2. 画面右下のアイコンをタップ
  3. 画面左下のプライベートをタップ

タブを追加するときは+を押しましょう。

Safariのプライベートブラウズモードから通常モードに戻る方法

プライベートブラウズモードをオフにしたいときは、画面左下のプライベートをもう一度タップすると通常モードに戻ります。

Chromeの閲覧履歴や検索履歴を残さない方法

続いてはChromeで閲覧履歴や検索履歴を残さないモード「シークレットモード」にする方法です。

  1. Chromeを開く
  2. 画面右上の点が3つ縦に並ぶアイコンをタップ
  3. 新しいシークレットタブをタップ

Chromeのシークレットモードから通常モードに戻る方法

Chromeのシークレットモードを終了させるには、画面右上のタブを管理するアイコンをタップします。すると、通常モードのタブも表示されるのでシークレットモードのタブを閉じるか、通常モードのタブを選択します。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

COMMENTS