iPhone・iPad「明日まで近くのWi-Fiとの接続を解除します」っていったいどういう意味?

iPhone・iPadのコントロールセンターでWi-Fiをオフにすると、画面の上の方に「明日まで近くのWi-Fiとの接続を解除します」というメッセージが出てきます。

控えめに出てくるので気が付かない方も多いかもしれませんが、この「明日まで近くのWi-Fiとの接続を解除します」というメッセージ。どういう意味なのでしょうか。

「明日まで近くのWi-Fiとの接続を解除します」ってどういうこと?

スポンサーリンク

iPhone・iPadでWi-Fiを最初にコントロールセンターでWi-Fiをオフにすると以下のようなメッセージが表示されます。

明日まで近くのWi-Fiとの接続を解除します。

現在のWi-Fiネットワークおよびほかの近くのネットワークは明日まで接続を解除されます。

Wi-Fiは引き続きAirDrop、インターネット共有、および位置情報の精度の向上で利用可能です。

これはいったいどういうことなのでしょうか

Wi-Fiをオフにするのではなく、特定のWi-Fiとの接続を解除に

スポンサーリンク

コントロールセンターでWi-Fiをオフにすると、一見Wi-Fiの機能をオフにしたように見えます。

ところが実際はWi-Fi機能を停止(オフ)にするのではなく、「これまで接続したことがある特定のWi-Fiとの接続を一時的に解除します」という意味なんです。

Wi-Fiをオフにしてしまうと、GPSの位置情報の精度が落ちたり、AirDropやインターネット共有にも支障がでます。

そこでWi-Fiをオフにするのではなく、一度繋いだことがあるWi-Fiとの接続を解除するわけです。

「明日まで」は明日のいつまで?

ところで「明日まで近くのWi-Fiとの接続を解除します」の「明日まで」というのはいつまでなのでしょう?

0時を超えれば明日なので0時なのか、それともWi-Fiをオフにしたときから「24時間後」なのかで意味が大きく変わってきます。

Appleの見解では「翌日の朝5時」から「明日」になるそうです。

翌日の5時になる以外で再びWi-Fiが繋がる条件

翌日の朝5時になる以外にWi-Fiが再びオンになる条件がいくつかあります。

  1. コントロールセンターでWi-Fiを再びオンにする
  2. 設定からWi-Fiをオンにする
  3. Wi-Fiをオフにした地点から離れる(多少の距離が必要)
  4. iPhone/iPadを再起動する

Wi-Fiを完全にオフにする方法もある

コントロールセンターからWi-Fiをオフにすると、接続が切れるだけでWi-Fi自体はオフになっていないことは、わかっていただけたと思いますが、Wi-Fiを完全にオフにしたい場合はどうすればいいのでしょうか。

実は簡単にWi-Fiを完全にオフにすることができるんです。

やり方は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. Wi-Fiをタップ
  3. 画面一番上のWi-Fiオフ

これでWi-Fiは完全にオフになりました。再度、Wi-Fiをオンにしたいときは

Bluetoothでも同じメッセージが出ます

ちなみにコントロールセンターでBluetoothをオフにしても同じようなメッセージが出ます。

明日までBluetoothアクセサリとの接続を解除します

現在接続されているアクセサリは接続を解除され、ほかのアクセサリは接続できません。

Bluetoothは引き続きApple Watch、Apple Pencil、インターネット共有、およびHandoffで利用可能です。

このメッセージも翌日の朝5時までBluetoothの機器と接続は解除されるものの、Apple Pencilやインターネット共有、HandoffのためにBluetoothの機能自体は生かされているということです。

 

関連記事