iMessage、SMS、MMSの違いは何?また見分け方は?

iMessage、SMS、MMSの違いは何?また見分け方は?

iOS 11にしたらApp Storeのウィッシュリストがなくなった!
Apple、幾つかのバグを修正した「iOS 11.0.1」をリリース
電卓がないiPadで瞬時に計算をする方法

スポンサーリンク

iPhoneやiPadのメッセージアプリでは「SMS」「MMS」そして「iMessage」という3つのタイプのメッセージを送ることができます。

でも、これら3つのメッセージいったい何が違うのでしょうか?それぞれの特徴と見分け方をまとめてみました。

SMSって何?

SMSというのはShort Message Serviceの略で、相手の携帯電話番号に「テキストのみ」を送ることができます。

ドコモは「ショートメール」や「SMS」、auは「Cメール」、そしてソフトバンクは「SMS」と呼んでいるものです。

送信できる文字数は全角で70文字で、送受信の料金はドコモ、auは無料、ソフトバンクはプランによって無料のものと、有料(1通3円)のものがあります。

MMSって何?

MMSというのは、Multimedia Messaging Serviceの略です。
相手のメールアドレス(@ezweb.ne.jpや@softbank.ne.jp)や携帯電話番号を宛先にして、文字や写真や動画を送ることができます。

相手の端末はiPhoneやAndroid、その他の携帯電話(ガラケー)にも送ることができます。

iMessageって何?

iMessageはiPhoneやiPadなどiOSの端末間でのみ送受信可能です。MMS同様写真や動画などを送ることができます。

iMessageはSMSやMMSと違い、送ったメッセージが相手に届いた場合「送信済み」と表示されます。

スポンサーリンク

送信にかかる料金はWi-Fiの場合は無料。3G/LTE(4G)の場合は通信料がかかります。

SMSとMMS、iMessageを見分ける方法

見分ける必要はあまりありませんが、SMSとMMS、iMessageのどの方法でやり取りしているか確認したい場合は、色で見分けることができます。

iMessageは吹き出しが青く、SMSとMMSは吹き出しが緑色をしています。灰色

中には一番右のスクリーンショットのように、相手が機種変をしてAndroidのスマホからiPhoneにした途端、iMessageの青色の吹き出しに変わることも。

スポンサーリンク

COMMENTS