iPhone・iPadで「アップデートを確認できません」と出た時の原因と対処方法

スポンサー・リンク

iPhoneやiPadのOS「iOS」をアップデートしようとすると「アップデートを確認中」の画面が出たまま、先に進まず最終的に「アップデートを確認できませんでした」というエラーメッセージが出てしまうことがあります。

そのあとすぐにアップデートできるようになることもあれば、時にはなかなかアップデートできないこともあります。

この記事では「アップデートを確認できません」と出た時にどうすれば良いのか、対処方法を紹介します。

一番の原因は「サーバーが混み合っている」こと

スポンサーリンク

iOSのアップデートができない一番の原因は「サーバーが混み合っているから」です。

アップデートがリリースされた直後はアップデートを行う人が多いため、Appleのサーバーが混んでしまいます。

すると、アップデートを確認中という画面が出たまま、しばらく経ち最終的に「アップデートを確認できません」というエラーメッセージが表示されます。

この時できることは2つです。

  1. 根気よくやり直す
  2. しばらくしてからアップデートする

サーバーが混んでいるときは時間をあけて

スポンサーリンク

サーバーが混んでいるときは、何度もトライすればダウンロードが始まることがあります。

ところがサーバーが混んでいるときや、インターネットの回線が遅い、または不安定なときに無理してアップデートファイルをダウンロードしても、アップデートファイルが壊れてしまうことがあります。

無理してダウンロードして、ファイルが壊れているときほど残念なことはありません。

なので、ダウンロードが上手くできないときは無理して行わずに2-3時間あけて再度トライしてみましょう。

関連記事