iPhone・iPadのNight ShiftとTrue Toneの違いは何?

iPhoneやiPadには「Night Shift」と「True Tone」という画面の色味(色温度)を変える機能があります。

この2つの機能、いったいどこが違うのでしょうか。両方オンにしていた方が良いのか、それともどちらかだけでも良いのか、それぞれの違いをまとめました。

Night ShiftとTrue Toneの違い

スポンサーリンク

Night Shift(ナイトシフト)とTrue Tone(トゥルートーン)という機能は、どちらも画面の色味を調整する機能です。

ただし画面の色味が変わる条件がまったく違います。

True Toneとは

True Toneの一番の目的は、画面の色を周りの灯りの色温度に合わせて変えることで、画面がより自然に見えるようにすることです。

常に周りの灯りの色温度を感知しながら、画面の色を変えます。

そのため室内にいて電球の色が暖色の場合は画面の色が暖色になりますが、周りの灯りの色が寒色で、全体に青みがかっているときは、それに合わせて違和感のない色に変えてきます。

また画面上にあるセンサーが常に周辺の環境光の色を見ているため、バッテリーを消耗するという人もいます。個人的には「微々たるものでは?」と思うのですがなかなか検証が難しく正確なところはわかりません。

Night Shiftとは

一方、Night Shiftの一番の目的は画面の色温度を変えることで、ブルーライトの発生を抑え、より良い睡眠を取ったり、目にかかる負担を軽減するというものです。

True Toneは環境光の色温度を検知しながら、ディスプレイの色を変えていましたが、Night Shiftはあらかじめ指定した時間になると切り替わるか、もしくは日の出と日の入りに合わせて画面の色味を変えています。

そのためNight Shiftは「オン」「オフ」の2段階しかなく、True Toneのような専用のセンサーがない端末でもNight Shiftモードは使えます。

また、周辺の光の色を検知する必要がないため、Night Shiftを使うことで電池の減りが早くなることはなさそうです。

基本的にどちらもオンで大丈夫

スポンサーリンク

ということで2つの違いを紹介しました。

どちらも画面の色味を変えてしまうので、写真の色味を調整したり、デザインの仕事をする人は作業中だけでもオフにしたほうがいいかもしれません。

それ以外の時はどちらもオンにしたままでも特に問題はないと思います。

関連記事