iPhone・iPadの2ファクタ認証って何?メリットとデメリット

この記事ではiPhoneやiPadで使われる「2ファクタ認証」とは何か?について紹介していきます。

iPhoneやiPadの設定画面で2ファクタ認証の表示が出たときの参考にしてもらえたら幸いです。

2ファクタ認証とはいったい何?

スポンサーリンク

Appleの2ファクタ認証は、通常のログインで使うApple IDとパスワード以外に別のAppleの端末を利用して認証を行う方法です。

2ファクタ認証を使ってログインしてみる

小難しいことをアレコレ書いてもわかりにくいので、試しにicloud.comにiPhoneでログインしようとするときの手順を例に挙げて説明します。

ここではiPhoneでiCloud.comにログインし、2ファクタ認証用にMacを使って説明します。

  1. iPhoneでブラウザでicloud.comを開く
  2. Apple IDと書かれたところをタップ
  3. Apple IDとパスワードを入れる
  1. 別のApple製品(この場合はMac)に通知が行くので、許可するをタップ
  1. 6桁の数字がMacに出てくるので、このウィンドウは閉じないでそのままにしておく
  1. Macに出てきた6桁の数字をiPhoneに入力する
  2. このブラウザを信用しますか?と出るので、信用するをタップ

これでiPhoneで2ファクタ認証を経てiCloud.comにログインできました。

2ファクタ認証のメリット

スポンサーリンク

2ファクタ認証のメリットは1点「セキュリティーが高くなる」です。

これまでのログイン方法の場合、ユーザーIDとパスワードを書いたメモを誰かに取られてしまったり、また何らかの理由で流出してしまったら、悪意のある人は簡単にあなたのアカウントにログインできます。

ところが2ファクタ認証の場合、ログインするためにはもう1台端末が必要になるため、ユーザーIDとパスワードだけではログインできません。

2ファクタ認証のデメリット

ではデメリットは何でしょう?

1つは2ファクタ認証が必要なログインは面倒くさいです。IDとパスワードを入れたあと、別の端末に通知される数字を入れなければいけません。

また他の端末が手元になかったり、うまく行かなかったときが大変です。
そのためスマホやタブレット、パソコンは普通に使う分には問題ないけどちょっと込み入った操作になるとできない人にはハードルが高く感じるかもしれません。

関連記事