iPhone XSやiPhone XRを買ったら覚えたい「iPhone XS・XRで変わった12個の操作」図解編

iPhone XSやiPhone XRを買ったら覚えたい「iPhone XS・XRで変わった12個の操作」図解編

iPhone X以降ここが変わった!「コントロールセンター」の出し方。iPhone XS・XR対応
iPhone X以降ここが変わった!「強制再起動させる」iPhone XS・XR対応
iPhone XSやiPhone XRでここが変わった!基本操作「ホーム画面に戻る」

スポンサーリンク

iPhone XやiPhone XS、XRは従来のiPhoneにあったホームボタンがなくなることで、大幅に操作方法が変わっています。

Appleの製品は良くも悪くも製品に取り扱い説明書がありません。
そのためiPhone Xからははじめて起動したときに、新しい操作方法を説明してくれますが、あとになって「ホーム画面の出し方は?」とか「コントロールセンターはどうやって出すの?」と戸惑うことになるかもしれません。

そこで今回はiPhone XSやiPhone XRになって従来のiPhoneと変わった12個の操作を紹介します。

ホームに戻る方法

今までの操作:
ホームボタンをタップ。

スポンサーリンク

iPhone XSやiPhone XRの操作:
画面の下にある白いバーを上にスワイプ。

マルチタスキングのアプリ選択/終了画面を出す

今までの操作:
ホームボタンをダブルクリック

iPhone XSやiPhone XRの操作:
ホームに戻る操作(上記参照)の途中で指を止める。

アプリを終了させる

アプリの終了は上記のマルチタスキングでアプリの一覧を表示させる方法は異なるものの、そのあとの操作は同じです。

一覧表示させたのち、終了させたいアプリを上にスワイプするとアプリは終了できます。
※iPhone Xの場合は、iOS 12にアップデートする必要があります。

スポンサーリンク

アプリを切り替える

iPhone XやiPhone XS、XRは独自の操作方法でアプリの切り替えを行うことができます。

画面下の白いバー(アプリによっては黒いバー)を左右にスワイプすることでアプリを切り替えることができます。

コントロールセンターを表示させる

今までの操作:
画面の外側から内側に向かって下から上にスワイプ。

iPhone XSやiPhone XRの操作:
画面の右上から下に向かってスワイプ。

通知センターを表示させる

スポンサーリンク

今までの操作:
画面の外側から内側に向かって上から下にスワイプ。

iPhone XSやiPhone XRの操作:
画面の左上から下に向かってスワイプ。

Siriを呼び出す

今までの操作:
ホームボタンを長押し

iPhone XSとiPhone XRの操作:
サイドボタン(旧:スリープ/スリープ解除ボタン。通称:電源ボタン)を長押し

電源を切る方法

今までの操作:
スリープ/スリープ解除ボタン(通称電源ボタン)を長押ししたのち、スライドで電源オフを右にスワイプ

スポンサーリンク

iPhone XSやXRの操作:
サイドボタン(旧:電源ボタン)と音量ダウンボタンの同時長押ししたのち、スライドで電源オフを右にスワイプ。

Wallet(Apple Pay)をロック画面から呼び出す

今までの操作:
ホームボタンを2回クリック

iPhone XSやiPhone XRの操作:
サイドボタン(旧:スリープ/スリープ解除ボタン。通称:電源ボタン)を2度押し

スクリーンショットを撮る

今までの操作:
スリープ/スリープ解除ボタン(通称:電源ボタン)とホームボタンを同時押し

iPhone Xの操作:
サイドボタン(旧:スリープ/スリープ解除ボタン。通称:電源ボタン)と音量アップボタンを同時押し

スポンサーリンク

簡易アクセス(Reachability)

今までの操作:
ホームボタンを軽く2回タップ

iPhone XSやiPhone XRの操作:
画面の一番下を下にクッとスワイプすると画面が下に降りてきます。

アプリの移動・削除モードを終了させる

今までの操作:
ホームボタンを1回クリックしてホーム画面に戻る。

iPhone XSやiPhone XRの操作:
画面右上に「完了」というボタンが表示されるので、それを押す。

スポンサーリンク

COMMENTS