iPhoneなどApple製品はペースメーカーなどの医療機器に影響を与える?

スポンサーリンク

この記事ではiPhoneやiPad、AirPods、Apple WatchなどApple製品の磁気がや無線送信機が、ペースメーカーなどの医療機器に影響を与えるかどうか?についてまとめています。

iPhone 12からAppleはiPhoneの中に大きなマグネットを入れました。これによって無線充電でiPhoneと充電器がピタッと付くようになったのですが、一部で「そんな磁力が強い製品、ペースメーカーを付けてる人が付けても大丈夫なのか?」といった声がありました。

そういった声に対して2021年6月25日、Appleは正式な見解として「医療機器への磁気干渉の可能性について」というサポート文章を発表しました。

先に答えを書いてしまうと、状況によっては医療機器に影響を与えるそうです。もちろんすべてのApple製品ではないかもしれません。ただ状況によって影響を与えるわけなので、注意が必要です。

Apple製品は医療機器に近づけないのがベスト

Appleによると「磁石を内蔵している対象製品(下記参照)は磁石や電磁波が医療機器に干渉する恐れがある」としています。

スポンサーリンク

そのため安全確保するためには通常の使用時で15cm、ワイヤレス充電時は30cmは医療機器から距離を取った方が良いとのことです。

iPhoneは「12」以外は比較的問題ないようです

ちなみにこれから紹介するリストに書かれていないAppleの製品も磁石を内蔵しているものはあるそうです。ただ医療機器への干渉リスクはさほど高くないそうです。

一覧を見るとiPhoneシリーズは「12」のみ記載されていることを考えると、それ以外のiPhoneは「磁石による医療機器への干渉リスク」は低いと言うことのようです。

では、どの製品を医療機器に干渉リスクがあるのか、近づけない方が良いのか?というとかなり多岐にわたります。

医療機器に近づけない方が良いApple製品一覧

では、医療機器に近づけず最低15cm、ワイヤレス充電時は30cm以上距離を取った方が良いApple製品は?というと以下の通りです。

スポンサーリンク

iPhoneとMagSafeアクセサリ

  • iPhone 12 モデル
  • MagSafe アクセサリ

iPadとアクセサリ

  • iPad 全機種
  • iPadのApple純正カバー
  • iPadのApple純正キーボード

AirPodsと充電ケース

  • AirPodsと充電ケース(ワイヤレス充電モデルも含む)
  • AirPods Proと充電ケース
  • AirPods Maxと充電ケース

Apple Watchとアクセサリ

  • Apple Watchシリーズ
  • Apple Watchの磁気内蔵バンド
  • Apple Watchの磁気充電アクセサリ

スポンサーリンク

Macとアクセサリ

  • Mac mini
  • Mac Pro
  • MacBook Air
  • MacBook Pro
  • iMac
  • Apple Pro Display XDR

HomePod

  • HomePod
  • HomePod mini

Beats

  • Beats Flex
  • BeatsX
  • PowerBeats Pro
  • UrBeats3

関連記事