Karabiner-Elementsが遂にリリース!Command+LとRを「かな」にする方法

スポンサーリンク

英字キーボードを使っているMacユーザーにとって、なくてはならないアプリだったKarabinerですが、MacOS Sierraのリリースと共に姿を消してしまいました。

というのも、MacOS Sierraはシステムの構成が大きく変わってしまったのか、Karabinerが使えなくなってしまったからです。それから早1年。やっとKarabinerの基本機能が使えるようになったKarabiner Elementsがリリースされました!

待望のリリース!Karabiner Elementsをダウンロード

Karabiner(旧名KeyRemap4MacBook)がMacOS Sierraに対応しなくなったことで、英字キーボードユーザーの多くがCommandキーを「かな/英数」に変えてくれるアプリを切望しました。

「⌘英数」というアプリがリリースされて、Commandキーを「かな/英数」に切り替えることができるようになったんですけど、個人的にはKarabinerが戻ってくるのを待っていました。

ところでKarabinerは「カラビナ」と読みます。

スポンサーリンク

Karabiner Elementsは以下のページからダウンロードすることができます。

Karabiner – Software for OS X

使っていて戸惑ったこと。Commandキーが使えなくなった。

早速Commandキーをかな/英数に切り替える設定を探して少し戸惑ったので、メモしておきます。

何に戸惑ったのかというと、パッとみた感じで設定をしたところ、Commandキーが「かな/英数」キーとしては使えてもCommandキーとしては全く使えなくなってしまいました。

何をしたのか?というと、Karabiner Elementsを起動して、Simple Modificationsというタブから、left_commandを英数キーに、そしてright_commandをかなキーにしたんです。

スポンサーリンク

こうすると、Commandキーは一切存在しないことになるので、Command+Qとかスクリーンショットを撮る時のCommand+Shift+3、または4を使うことができなくなります。

Commandキーを活かしつつ「かな/英数」にするには

では、どうやってCommandキーを活かしつつ「かな/英数」キーも使えるようにするのかというと、Complex Modificationsというタブをクリックしたのち、左下にあるAdd ruleをクリックします。

そして次に開くウィンドウからImport more rules from the internet(Open a web brower)を選択します。

スポンサーリンク

するとブラウザでKarabinerのページが開きますので、その中から

For Japanese(日本語環境向けの設定)
コマンドキーを単体で押した時に、英数・かなキーを送信する。(左コマンドキーは英数、右コマンドキーはかな)

という上記のような項目を探してImportをクリック。あとは先ほど追加した項目をEnableするだけです。

使ってみた感想

まだCommandキーを「かな」と「英数」で分けて設定する機能しか使っていませんが、まだまだKarabinar Elementsは開発途中だなと感じずにはいられませんでした。

というのもコマンドきーの右が「かな」、そして左は英数と決められているのはイマイチでした。以前は、左右どちらかを1回押せば「かな」、もう一回押せば「英数」と切り替えられたはずです。

スポンサーリンク

Karabinerは以前は本当にMacを新しくしたら真っ先に入れるほど、手放せないアプリだったので、ぜひアップデートをしてより使いやすくなってくれることを祈るばかりです。

ダウンロードはこちらから ▶ Karabiner – Software for OS X

毎月のデータ通信を安くしませんか?

毎月の通信費を払いすぎていませんか?格安SIMに切り替えるだけで毎月・毎年の通信費を大幅に抑えられます

  • 格安SIMなら安心・定評がある「IIJmio

iPhoneの購入なら

BIGLOBEならiPhone 12と音声通話SIMセットで実質20,000円も安くなります。iPhone SE第2世代なら26,000円台で購入できる!

最新機種なら公式ショップもオススメ

関連記事