iOS 15.4・iPadOS 15.4で追加された絵文字の一覧と意味

スポンサーリンク

2022年3月15日にリリースされたiOS 15.4、iPadOS 15.4、そしてmacOS 12.3には絵文字が色違いのバリエーションも含めて全部で123種類追加されました。

この記事では今回iOS 15.4、iPadOS 15.4、macOS 12.3で追加された絵文字を一覧にして、意味と共に紹介します。

顔の絵文字

顔の絵文字として7種類が追加されました。
「溶ける顔」「ハッとする顔」「目を覆う顔」「敬礼」「ドット線の顔」「涙目」「口が斜めの顔」の7種類です。

暑い日は「溶けるほど暑い」という意味で「溶ける顔」が使えるし、驚いた時、失言した時は「ハッとする顔」などなど割と使い勝手が良さそうです。

ただ1つ「ドット線の顔」はどう使っていいのかわかりません。透明人間でしょうか。

手・指の絵文字

手や指を使った絵文字も7種類追加されています。

「右手」「左手」「指ハート」「手のひらを下にした手」「手のひらを上にした手」「ハート型の手」「指をさす手」です。

スポンサーリンク

手の絵文字はそれぞれ肌の色が5色用意され、さらに握手に関しては握手している手ごとに色違いが用意され合計で20種類の絵文字が追加されています。

人物ほかの絵文字

「妊婦」「男性妊婦」「下唇を噛む」「王冠をかぶった人」「トロール」が追加されています。

妊婦や王冠をかぶった人はカラーバリエーションがあります。

そのほかの絵文字

そのほかの絵文字として18種類追加されています。

「珊瑚」「ハス」「豆」「鳥の巣」「卵がある鳥の巣」「液体を注ぐグラス」

スポンサーリンク

「ガラス瓶」「滑り台」「タイヤ」「救命浮き輪」「ハムサ」「ミラーボール」

手のひらに目が書いてある絵文字「ハムサ」は中東で使われる護符で、邪視除け以外にも豊穣のシンボルとして使われているそうです。

「残量が少ないバッテリー」「松葉杖」「レントゲン写真」「シャボン玉」「IDカード」「太いイコール」も追加されています。

「バッテリー」はもともとフル充電された緑色の絵文字があるので、それを補足として追加されたようです。