iPhone・iPad・Macでリマインダーが同期できないときの対処方法

スポンサー・リンク

あるとき突然、リマインダーがiPhoneやiPad、Macなど他の端末と同期されなくなった。

そんなときの対処方法をこの記事では紹介します。

こんな症状になることがあります。

iPhoneやiPad、Macのリマインダーは他の端末とiCloud経由で同期されるのですが、時としてこんな症状に陥ることがあります。

追加や編集が反映されない

まず1つ目はリマインダーのタスクを追加・編集しても、他の端末で反映されないという症状です。

空っぽになってしまう

もう1つの症状は「反映されない」どころか、リストもタスクも消えて空っぽになってしまうというものです。

何も同期されず、何も表示されません。何もなかったことになります。

リマインダーが反映されないときは

端末を再起動する

一番はじめに試して欲しいのは、端末の再起動です。

アレコレ設定を見直すよりも、まずは端末の再起動を行うことをオススメします。それだけで問題が解決することが多いです。

また、これから紹介する解決方法を行った後も、その都度再起動をしてみましょう。設定のオンオンだけでは解決されなくても、再起動をすることで解決することがあります。

ちなみに再起動後はすぐに同期が反映されないかもしれません。再起動後、2-3分経ってからチェックしてみましょう。

iCloudのスイッチをオンオフする

再起動以外で、はじめに試したいのはリマインダーのiCloud同期のスイッチをオンオフをすることです。

やり方は以下の通りです。

上でも触れましたが、この後紹介する解決方法を試した後、再起動も忘れずにやりましょう。

オンオフだけでは解決しなくても再起動もすることで解決することがあります。(経験談)

iPhone・iPadの場合

  1. 設定を開く
  2. 画面上のApple IDのアイコン周辺をタップ
  3. iCloudをタップ
  4. リマインダーのスイッチを一旦オフにする
  5. しばらくしてそれらをオンにする

Macの場合

  1. 画面左上のAppleロゴをクリック
  2. システム環境設定をクリック
  3. iCloudをクリック
  4. リマインダーのチェックを外す
  5. 外したチェックを再びチェックする

カレンダーを更新する

Appleのサポートページによると、「リマインダーが同期されない」ときも、「カレンダーの更新」を行うことで問題が解決することがあるようです。

iPhone・iPadの場合

  1. カレンダーを開く
  2. 画面下のカレンダーをタップ
  3. 下にスワイプし、カレンダーを更新する

Macの場合

  1. カレンダーを開く
  2. 画面上のメニューから表示をクリック
  3. カレンダーの更新をクリック

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
★4.5 31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告