iPadを買って後悔する人・満足する人の違い

iPad買ってみたいけど、使いこなせるかどうかわからない。無駄遣いになったらどうしよう。そんなふうに思ったことありませんか?

この記事ではどんな人がiPadを買って後悔するか、逆にどんな人が後悔しないで満足できるのか?を自分なりに考えてまとめてみました。

iPadに何を求めますか?で変わる

スポンサーリンク

iPadに何を期待しますか?iPadでどんなことをやりたいですか?これによってiPadを買って幸せになれるか、それとも後悔するかわかれます。

iPadを買って満足できる人

iPadを買って満足できる人はこんなことをiPadの使用目的として考えています。

  • インターネットをする
  • SNSをする
  • メッセージやメールのやりとりをする
  • Kindleなど電子書籍を読む
  • NetflixやAmazonプライム、Youtubeなど動画を見る
  • ゲームをする
  • 絵を描く

あとはキーボードをつけて文章を書くのも意外と優れています。マルチタスクをパソコンよりもやりにくいので、必然的に文章を書くことに集中できます。

ただしiPadの日本語入力はパソコンのものと比べて癖があるので、個人的には慣れが必要だと思っています。

iPadを買って満足できない人

では、どんな人がiPadを買って満足できないのでしょう。

  • パソコンの代わりにiPadを使いたい人
  • iPadでバリバリ仕事をやりたい人

なぜこういった人たちがiPadを買っても満足できないのか?というと、iPadができること、iPadが優れていることと、iPadに求めていることにズレがあるからです。

iPadは「画面が大きくなったiPhone」

基本的にiPadはiPhoneの画面を大きくしたものと考えるとわかりやすいです。

iPadはずいぶん進化しましたが結局は「画面の大きなiPhone」です。

そう考えたとき、もし今パソコンでやってることや仕事でやっていることがiPhoneなどスマホの画面を大きくしたり、キーボードやマウスを付ければ完結できるなら、iPadを買う価値はあります。

ところがもしiPhone+大きな画面+入力装置だけでは、なかなか完結できない場合は、iPadを買って後悔するかもしれません。

まとめ:iPadを買って満足できる人・後悔する人

スポンサーリンク

ということで、再度まとめるとiPadを買って満足できる人はiPadの使用目的が

  • インターネットをする
  • SNSをする
  • メッセージやメールのやりとりをする
  • Kindleなど電子書籍を読む
  • NetflixやAmazonプライム、Youtubeなど動画を見る
  • ゲームをする
  • 絵を描く
  • 文章を書く

こういった人たちです。

逆に仕事で使いたい人、パソコンの代わりに使いたいと思っていると「あれ?これiPadでできない」とか「iPadだとやりにくい」と思うことがあると思います。

個人的にはiPadは上であげたような用途、「メディアを消費する端末」としては最高です。

これからiPadを買おうと迷っている人の参考になれば幸いです。

関連記事