Alfred 3のスニペットが使えなくなった。loginwindow seems to be…というエラーが出たときの対処方法

Macの定番ランチャーアプリAlfred 3にはスニペット機能があります。

スニペット機能というのは、「;osw」と入力すると「お世話になっております。◯◯株式会社の△△と申します」といった定型文を一瞬で入力してくれる超絶便利な機能です。

このAlfred 3のスニペットが急に使えなくなったので原因を調べてみました。

あるとき突然使えなくなったAlfredのスニペット

スポンサーリンク

日々何回使うかわからないほど、多用しているAlfredのスニペット機能とランチャー機能。それが突然、ランチャー機能は使えるのにスニペット機能だけ使えなくなりました。

そこで設定を確かめてみると以下のようなエラーメッセージが出ています。

文字が小さくて読みにくい方もいると思うので、書き出すと

loginwindow seems to be preventing text expansion by locking secure entry

と書かれています。つまりログイン画面がスニペットの機能を使えないようにロックしているということです。

そこでブラウザや他のアプリのウィンドウをチェックして、ログイン画面があるか調べて見るものの、そういったものはまったく見つかりません。

そこでいろいろ調べてみたところ、Alfredのサポートページ(英語)に以下のような記載がありました。

  1. 該当しそうなアプリを終了し再起動する
  2. もし頻繁に起こる場合は、アプリ(やウィンドウ)を開く数を最小限に抑えることで、どのアプリが原因か特定できるかもしれない。
  3. ブラウザのプラグインが原因という可能性もある。(例:パスワードマネージャー)

ということで、ひとつひとつアプリを終了させては起動してみましたが解決せず、ついでにAlfredを再起動するもののそれでも解決しませんでした。

そこで最終的に行ったのはMacの再起動です。

これで解決しました。ただこれでは原因は結局わかっていないので、今後頻繁に起こるようであれば、ブラウザのプラグインも含めて原因となっているアプリの特定をしていくことになりそうです。

関連記事