基礎知識:iCloudって何?どんなことができる?

iPhoneなどApple製品を使っていると、設定をするときから「iCloud」という言葉を目にします。でも、実際のところiCloudがどんなサービスなのか、ユーザーにとってどんなメリットがあるのかわかりにくいのが正直なところです。

そこでこの記事ではAppleが提供するサービス「iCloud」がどんなものなのか紹介していきます。

iCloudとはどんなサービス?

スポンサーリンク

iCloudは一言で説明するならAppleが提供するオンラインストレージサービスの総称です。

主な機能として「iCloud写真」や「iCloud Drive」「iCloudバックアップ」が提供されています。

Apple IDを作ると無料で5GBまで使うことができ、iPhoneやiPad、Macのあいだでデータや設定を共有することができます。

有料プランは3つあります。すべて税込みです

  • 50GB … 130円/月
  • 200GB … 400円/月
  • 2TB … 1300円/月

ちなみに200GB、2TBはファミリー共有されたアカウントで共有することも可能です。

iCloud写真とは

iCloud写真はAppleのオンラインストレージサービスiCloudを使った写真・動画共有サービスです。

主にiPhoneやiPad、Macのどの端末でも全ての写真を見れるようにしたり、家族友人と写真を共有することができます。

iCloud Driveとは

iCloud DriveはiCloud Driveに保存したアプリのデータや設定を他の端末と共有したり、対応するアプリの場合、複数の端末から同じリアルを同時に編集したりすることができます。

他社のサービスで有名なのはDropboxでしょうか。

アクセスできる端末はiPhoneやiPad、MacだけでなくWindows機は持ち輪、ブラウザがあればiCloud.comからアクセスすることも可能です。

iCloudバックアップとは

iCloudバックアップはiPhoneやiPadが電源に刺さった状態でWi-Fi環境にいると、自動で端末のバックアップを取ってくれるサービスです。

バックアップやそのバックアップを使った復元は、オンライン経由で行うため、インターネット環境さえあれば場所を問わず復元することが可能です。

関連記事