【iPhone・iPad】Wi-Fiに繋がらなくなったときの対処方法(iOS 13対応)

iPhoneやiPadを使っていて、ある時突然Wi-Fiに繋がらなくなったり、妙に遅くなった経験ありませんか?

しかも繋がらないのは自分だけ。家族や職場の同僚のパソコンやスマホはWi-Fiに繋がっているにも関わらずです。

そんなときどうしますか?

今回の記事では、iPhoneやiPadがWi-Fiに繋がらない時や、接続が遅くなってしまった時の対処法を紹介していきます。

いろいろ試す前に

スポンサーリンク

もしWi-Fiが繋がらなくなったタイミングが、iOSをアップデートしたすぐだったら、それはiOSに不具合が出ている可能性があります。

下記のやり方を試すことで解決することもありますが、iOSのバグが修正されないと直らないかもしれません。

もし下記の対処方法を試してもダメなその場合は、Appleのサポートに相談するようにしましょう。

iPhone・iPadの不調を疑う

スポンサーリンク

まずはインターネットに繋がらなくなったり速度が遅くなる原因が、iPhoneやiPad側にある可能性を疑った対処方法から紹介していきます。

その1:Wi-Fiをオン・オフする

まずは一番手軽な解消法を試してみましょう。

それはWi-Fiをオンオフするというものです。やり方はいたって簡単です。

  1. コントロールセンターを開く
  2. Wi-Fiのアイコンをタップして、Wi-Fiをオフにする
  3. 数秒待ってWi-Fiを再びオンにする

もしくは設定からWi-Fiをオフにすることも可能です。

  1. 設定を開く
  2. Wi-Fiをタップ
  3. Wi-Fiオフ
  4. 数秒まって再びWi-Fiオン

たったこれだけです。手軽にできますので、まず試してみましょう。

その2:繋がらないWi-Fiの登録をいったん削除する

次に試したいのが、繋がらないWi-Fiの登録をいったん削除して、改めて削除したWi-Fiと接続し直すことです。

やり方はシンプルなのですが、Wi-Fiのパスワードを忘れてしまうと後々面倒なので、Wi-Fiの登録を削除する前に必ず「Wi-Fiのパスワード」を準備してから行うようにしてください。

それではやり方を見てみましょう。

登録されたWi-Fiを削除する方法 ステップ1

  1. 設定を開く
  2. Wi-Fiをタップ
  3. ◯にiのボタンを押す

登録されたWi-Fiを削除する方法 ステップ2

  1. このネットワーク設定を削除をタップ
  2. このWi-Fiを消していいか確認の画面が出てくるので、削除していい場合は削除をタップしましょう。

Wi-Fiを削除したのち、再び今削除したWi-Fiに繋ぎ直すと、何の問題もなかったようにインターネットに繋がること多いです。

その3:iPhoneやiPadを再起動する

多くのスマホやタブレット、パソコンの不具合は端末の再起動で解決します。意外と再起動だけで問題が解決できることがあります。

再起動のやり方はお使いのiPhoneやiPadによって変わってきますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

Wi-Fiのネットワークを疑う

次はWi-Fiに原因があることを疑ってチェックをしてみましょう。

その4:Wi-Fiのルーターやハブを再起動する

「Wi-Fiのルーター」が問題でWi-Fiに繋がらなくなっていることがよくあります。しかも「家族全員繋がっているのに、自分のiPhoneやiPadだけ繋がらない」なんていうこともあり得るんです。

なぜかというと、ルーターはそのルーターを通してインターネットに繋がろうとしているパソコンやスマホなどあらゆる機器に番号を振っています。

「お父さんのiPhoneは1番」「お母さんのiPadは2番」と番号を付けていくうちに、その番号がゴチャゴチャになったり、番号を付け忘れることがあります。

すると変な番号を付けられてしまった端末や、番号を忘れられてしまった端末はインターネットに繋がりません。

そこで一度ルーターと、それに繋がっているハブを再起動してあげると、ハブは再起動後にインターネットに繋がるすべての端末に改めて番号を振り、結果インターネットにも繋がることが多いです。

Wi-Fiルーターを再起動する方法はメーカーにより異なりますので各自ご確認ください。

その5:Wi-Fiルーターをリセットして再設定する

ルーターの再起動でも問題が解決しないときは、Wi-Fiルーターをリセットして再設定すると問題が解決することがあります。

ただし手間がかかったり、そういった作業に慣れていない方がやると大変なことになる可能性があるため、Wi-Fiルータのメーカーと相談しながら行うことをお勧めします。

奥の手「ネットワーク設定のリセット」

上で紹介したiPhoneやiPadやWi-Fiルータのチェックをしても改善されない場合は、iPhonやiPadeのネットワークの設定をリセットを行うと改善するかもしれません。

ただしネットワーク設定のリセットを行うと、iPhoneやiPadに登録されていたWi-Fiの設定以外にも、Bluetoothやモバイルデータ通信の設定、VPNの設定なども消えてしまいます。

つまりそのためネットワーク設定のリセットをしたあとは、iPhoneやiPadのネットワークに関わる設定を再設定しなければならないためいろいろ面倒かもしれません。

なので、最後の最後に試すことをオススメします。

リセットをする前にかならずWi-Fiの名前やパスワード、その他ネットワークの設定をメモしておきましょう。

やり方は以下の通りです。

iPhone・iPadのネットワーク設定をリセットする方法 その1

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. ネットワーク設定のリセットをタップ
  4. パスコードを入れる

あとは画面の指示に従っていくだけです。

それでも駄目な場合は

上記のチェックポイントをすべて試して、さらにネットワーク設定のリセットも行ってもWi-Fiの通信状態が改善されない場合は「iPhoneの機械的な問題」の可能性があるので、Appleに一度相談してみましょう。

関連記事