最高のメールアプリは何?20種類を比較して辿り着いたのはコレ 2019年4月

皆さんはiPhoneやiPadでどのメールアプリを使っていますか?

iPhone・iPadに最初から入っているメールアプリを使っている人も多くいると思います。他にもメールアプリはいろいろありますが、結局どのアプリがいいのか、よくわかりませんよね。

僕はここ何年も「最高のメールアプリは何だろう?」とメールアプリを入れまくって比較し続けています。今まで比較したアプリは総数19にも及びます。

今回は2019年4月現在、最も使いやすい、最も機能も充実したメールアプリを紹介します。

最高のメールアプリって何?こんな基準で選びました

スポンサーリンク

「最高のメールアプリ」といっても、何が最高なのかそれは人それぞれです。

以前、僕は最高のメールアプリ探しの記事を書いたことがあります。今回はその記事の最新版と考えてもらってかまいません。

まずは僕自身がメールアプリに求める機能を書き出します。そして下に書き出したものが実現出来ているかどうか?を基準に選定しています。

  1. Gmailが受信できる
  2. メールはプッシュ通知である
  3. 複数のアカウントに対応し、統合Inboxがある
  4. アーカイブされたメールも複数アカウントを一緒に見れる
  5. 検索機能がキチンと機能している
  6. 削除やアーカイブ時に取り消しができる
  7. 送信の取り消しができる
  8. メールの編集時、リストや太字など書式設定を変えられる
  9. 重くなく、使っていて心地良い

こういったことを求めています。

上で書き出したものの中で幾つか補足説明を入れておきます。

メールはプッシュ通知である

iPhoneやiPadに標準のメールアプリはGmailに対応していますが、プッシュ通知ではありません。

ちなみにプッシュ通知?という方のために簡単に説明しておくと、LINE等のメッセンジャーはメッセージを受信するとすぐに通知してくれますね。それがプッシュ通知です。

プッシュ通知ができない場合は「10分おきにチェックして受信してたら通知」というフェッチ通知という方式を採ります。

意外と検索機能が使えないことが多い

「検索機能がキチンと機能している」なんて当たり前のように感じますが、実は意外と機能していないことが多く、旅先で予約番号を探したり、仕事の書類を探すこともあるので、「当たり前に検索できる」というのは必須です。

検索では

  • 古いメール(3年くらい前)も探せる
  • 日本語の検索ができる
  • 2つ以上のキーワードで検索ができる
  • ダブルクオート(例:”iOS 12.2″)で囲って検索できる

などができるかどうかを基準に選びました。

統合Inboxや統合アーカイブフォルダは必須

複数のアカウントを使っていると、僕はInboxが分かれていると、片方のメールを見忘れてしまうことがあります。

また「管理が下手」なのかもしれませんが、アーカイブしたメールを探すとき、どのアカウントを探せば良いのかわからなくなってしまうため、Inboxやアーカイブは複数のアカウントをまたいで一括で閲覧したいです。

どんなアプリを過去に試してきたか

スポンサーリンク

今まで試してきたアプリは全部で20種類あります。
ちなみに打ち消し線が付いているアプリはサービスが終了したものです。

  1. iPhone・iPad標準のメールアプリ
  2. Airmail 600円
  3. Astro 無料
  4. Bluemail 無料
    ※このアプリとTypeAppは中身が同じ
  5. Boomerang Mail 無料
  6. Canary Mail 1200円
  7. Dispatch 840円
  8. Edison Mail 無料
  9. Gmail 無料
  10. Inbox 無料
  11. Mailbox 無料
  12. Mobilelron Email+ 無料
  13. myMail 無料
    ※このアプリはRainbow Mail、グーグルのメールアプリは中身が同じ
  14. Newtown サブスクリプション制
  15. Outlook 無料
  16. Polymail 無料
  17. Rainbow Mail 無料
  18. Spark 無料
  19. TypeApp 無料
    ※このアプリとBluemailは中身が同じ
  20. グーグルのメールアプリ 無料
    ※このアプリはmyMailとRainbow Mailと中身が同じ

この中で驚きだったのは「myMail」とRainbow Mail、グーグルのメールアプリは中身が同じ。またTypAppとBluemailも中身が同じという不思議です。

どれも無料で、名前と見た目(色とか)が違うだけで中身は同じでした。プログラムを提供しているにしても、まったく同じというのは気持ち悪いです。

さて、これだけのアプリを過去数年で使ってきて、どのアプリが一番良いのかを僕なりに比較してみました。

最終的に辿り着いたメールアプリは「SPARK」

これだけのアプリを比較して辿り着いたアプリはSPARKでした。

上で書き出した条件をもう一度書くと

  1. Gmailが使える
  2. メールはプッシュ通知である
  3. 複数のアカウントに対応し、統合Inboxがある
  4. アーカイブされたメールも複数アカウントを一緒に見れる
  5. 検索機能がキチンと機能している
  6. 削除やアーカイブ時に取り消しができる
  7. 送信の取り消しができる
  8. メールの編集時、リストや太字など書式設定を変えられる
  9. 重くなく、使っていて心地良い

これら当たり前と思える機能をすべて使えるのはSparkだけでした。

本当はSparkのスクリーンショットを載せたいところなのですが、個人情報が多すぎるので、ここでは「何が優れているか」を文字だけで紹介させてください。

そして「良さそうだな」と思ったら、Sparkをダウンロードしてみてください。無料なので気に入らなければ削除すればいいだけです。

Sparkの優れているところ

Sparkが優れているのは、無料でありながら有料アプリ以上に機能が優れていることです。逆に有料でちゃんと使えないアプリって何なの?っていう感じです。

Sparkは「メールアプリ」として必要であろう機能はすべて揃っています。しかも、ひとつひとつの機能が当たり前のように機能しています。

検索機能が当たり前のように使える

例えば「検索機能」がキチンと動くメールアプリは非常に少ないです。

特に英語版のアプリは日本語の検索が出来ないことが多く使い物になりません。

日本語に対応していないとまったく検索結果が出てこなかったり、本来なら検索結果が50件あるはずが10件しか検索結果として表示されないことがあります。

またそれ以外にフィルター検索ができるので、「特定の人から送られてきたPDFファイル付きメール」等の検索(英語のみ)が行え、さらに検索条件を保存することも可能です。

箇条書きやハイライトができる

また僕はメールを書くとき、箇条書きにしたり、大切そうなところにハイライトを入れたりしますが、iPhone・iPadに対応したメールアプリでこれができるアプリもほとんどありません。

カスタマイズ性が高いのも魅力的

必須条件には入れていませんでしたが、Sparkは画面のカスタマイズ性も高いです。

左右スワイプの挙動を削除、アーカイブ、スヌーズなどに設定でき、画面の表示なども他のアプリと比べて自由に変更することができます。

唯一のネガティブポイントも改善

以前、Sparkは受信が遅いことが気になっていました。またアプリ全体がモッタリしていた印象がありました。それも今では改善されました。

とにかく今はSparkで大満足です

僕はもう何年も「どのメールアプリにしよう」と「メールアプリ探しの旅」に出ていました。それがとうとうSparkで終わりを迎えたかもしれません。

そのくらいSparkに満足しています。

ただ「保険」としてGmailも入れています。
というのも、以前Sparkは一時期日本語検索が機能していなかったことがあったからです。検索と言えばGoogle製のGmailを入れておくと安心感が強いので。

ということで、最高のメールアプリSpark。よろしければ皆様お試し下さい。

  • Spark をダウンロード

関連記事