iPhone・iPadでアプリを削除したいのにできないときの対処方法

iPhone・iPadでアプリを削除したいのにできないときの対処方法

iPhone・iPadの「非使用のAppを取り除く」っていったい何?(iOS 12対応)
SimejiやATOK、他の言語のキーボードを削除・非表示にする方法
iPhoneやiPadの絵文字キーボードをオフにする(消す)方法

スポンサーリンク

iPhoneとiPadのアプリを削除をするとき、アプリのアイコンを長押しすると、アプリに☓印が付いて削除することができます。

ところがこのアプリを長押ししても、アプリに☓印が付かずアプリを削除できないことがあります。

いったいなぜそのようなことが起こってしまうのでしょうか。

iPhone・iPadでアプリを削除できない原因は「機能制限」

iPhoneやiPadのアプリを削除しようとしても、アプリが削除できないことがあります。

その原因は「機能制限」がiPhoneやiPadにかかっているからです。

スポンサーリンク

機能制限というのは、別名ペアレント・コントロールとも呼ばれています。主に子どもがiPhoneやiPadを使う際にアプリの追加や削除、Safari、カメラなどの使用を禁止することができます。

この機能制限が意図しないでかかってしまったり、または別の利用者が意図的にかけたことによって、アプリの削除ができなくなった可能性があります。

機能制限を解除する方法

機能制限を解除し、アプリを削除できるようにする方法を紹介します。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. 機能制限をタップ
  4. 機能制限のパスコードを入力

このときの機能制限のパスコードというのは、iPhoneやiPadのロックを解除するパスコードではありません。

もし機能制限のパスコードを自分で設定していない場合は、iPhone・iPadを管理している方に相談してみましょう。

機能制限用のパスコードを知っている方は次に進みます。

スポンサーリンク

次の画面でAppの削除オフになっているはずなのでAppの削除オンにするか、同じ画面にある機能制限を解除をタップして、機能制限自体を解除すればアプリの削除を再び行うことができます。

スポンサーリンク

COMMENTS