iPadOSって何?iOSとの違いと特徴

この記事ではiPadOSとはいったい何なのか。iPhoneのOS「iOS」と何が違うのか紹介します。

「iPadOSってiOSと何が違うんだろう?」と気になった方の参考になれば幸いです。

そもそもiPadOSって何?

スポンサーリンク

まずはじめにそもそもiPadOSがどんなものなのか紹介していきます。

iPadOSとはiPadを動かすための基本ソフトウェア(OS)です。
WindowsパソコンのWindowsやMacのmacOSもOSです。

このOSがアプリを動かすための大元(根幹)になります。

もともとiPadにはiPhoneと同じiOSが入っていました。ところがiPadが進化してiOSのなかに「iPadだけの機能」が増えて来ました。

そこで2019年9月、iPad用の機能だけを切り離し、さらにiPadに最適化されたiPadOSが誕生しました。

iPadOSとiOSの違い。2つはもともと1つでのれん分けした

イメージ的にはこんな感じでしょうか。

これによってiOSもiPadOSも簡素化されて、アップデートするためのファイルサイズが小さくなったり、開発が楽になるそうです。

またユーザー側にもメリットがあり、それぞれのOSがよりiPhoneやiPadに特化した進化をすることができるようになります。

iPadOSをサポートしたiPad

iPadOSをサポートしているiPadは以下のモデルです。

  • iPad Air / iPad Air 2
  • iPad 第5世代以降
  • iPad mini 4 / iPad mini 5
  • iPad Pro 全機種

もしお使いのiPadがどのモデルか知らない方は、下記のページを参考にしてみてください。

関連記事▶ 自分のiPadが「iPadのどのモデル(種類)」なのか知る方法

iPadでしかできないこと

スポンサーリンク

では、iPadOSがiOSと違うこととはいったいどんなことが挙げられるでしょうか。

  • 画面を2分割する「Split View」が使える
  • 全画面表示しているアプリの上に、もう1つiPhoneのような縦長表示したアプリを表示できる「Slide over」が使える
  • ホーム画面で画面左にウィジェットを表示させることができる
  • Apple Pencilに対応している
  • USBメモリ等で外付けドライブを使える
  • マウスやトラックパッドに対応
  • Macのサブディスプレイとして使える(Sidecar)
  • Safariがデスクトップ用のウェブサイトを表示可能に

以前からiPhone、iPadはBluetoothキーボードは使えるので、マウスやトラックパッドが使えたり、パソコンと同じウェブサイトが表示される、画面を分割してアプリを2つ同時に開けるなどの機能があることで、iPadはよりパソコンに近い操作性を実現しています。

関連記事