[iPhoneやiPad]メッセージの吹き出しの色「青 緑 グレー」の違い

スポンサー・リンク

iPhoneやiPadでAppleの「メッセージ」アプリでメッセージのやり取りをしていると、吹き出しの色が青だったり、緑だったり、中にはグレー(灰色)だったりします。

この吹き出しの色の違いって何なんでしょう。今回はそんな違いをまとめて紹介します。

メッセージの吹き出しの色は3色ある

スポンサーリンク

iPhoneやiPadにはじめから入っているメッセージアプリを使うと、吹き出しが3色あることに気がつきます。

メッセージは個人情報が多いのでモザイクだらけになってしまいますが、いくつかのメッセージを用意しました。

左のスクリーンショットは「青い吹き出し」が。そして真ん中は「緑の吹き出し」が。最後、右のスクリーンショットは「青と緑が混在」しています。

グレーの吹き出しのメッセージは何?

まずわかりやすいところでグレーの吹き出しのメッセージが何か?というと、グレーのメッセージは相手のメッセージです。
自分のメッセージの吹き出しがグレーになることはありません。

青の吹き出しのメッセージは何?

青色の吹き出しのメッセージは、iMessageというアップルのメッセージ機能を使って相手に送られたものです。

iMessageはiPhoneやiPad、MacなどApple製品同士でやり取りされ、メッセージだけでなく写真や動画を送ることも可能です。

またiMessageは相手が受信した場合、「送信済み」と表示されます。

つまり相手がどんなスマホを使っているかわからなくても、メッセージを送って吹き出しが青くなったら、その人はiPhoneやiPadを使っていることがわかるわけです。

緑の吹き出しのメッセージ

緑色の吹き出しのメッセージはSMSとMMSという2種類のメッセージを相手に送ったときに表示されます。

SMSというのは相手の携帯電話番号に「テキストのみ」送ることができるもので、ドコモのショートメッセージや、auのCメール、そしてソフトバングはそのままSMSと呼びます。

送ることができる文字は全角で70文字と決まっています。

MMSは相手のメールアドレスや携帯電話番号宛てに送る仕組みで、テキストだけでなく写真や動画を送ることができます。

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
★4.5 31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告